おはようございます。

甲子園から届いた気持ち。

『宣誓
私たちは16年前、阪神・淡路大震災の年に生まれました。
今、東日本大震災で、多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。
被災地では、すべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。
人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越える事が出来ると信じています。
私たちに今できること。
それはこの大会を精一杯元気を出して戦うことです。

「頑張ろう!日本」

生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーする事を誓います。』



創志学園の野山主将の選手宣誓。


16歳の主将が発したこのメッセージ。
堂々と落ち着いていて力強い眼差し。
きっと被災地の皆さんの心にもしっかり届いているはず。


この選手宣誓は歴史に残るものになるだろう。


16歳から飛ばされた、熱いメッセージ…感動しました。


こんな頼もしい若者がいるなんて、やっぱり日本は素晴らしいね。