1歳。

  • 長澤奈央 公式ブログ/1歳。 画像1
  • 長澤奈央 公式ブログ/1歳。 画像2
1年前の今日、息子が産声をあげました。
あの時の事は今でも鮮明に覚えています。
それからあっという間に1年が経ちました。
沢山泣いて、
いっぱい笑って、
本当に大きく成長しました。

初めての事だらけで戸惑った子育ても少しづつ慣れてきて、
慌ただしい毎日が、
寝不足の日々が、
抱き疲れて痛む体が、
母になった事を実感させてくれました。
着る洋服も、
見るテレビも、
聞く音楽もガラリと変わり、
息子中心の生活に喜びを感じています。



私を求めて泣く声、私を求める小さな手。
全身で泣いて、気持ちを伝えてくれた息子に私はどこまで応えられただろうか?
不安で涙を流しても息子の笑顔を見たら安心出来ました。
心配で眠れない夜も息子のいびきを聞くと気持ちが落ち着きました。



1つの命と向き合う事は簡単な事ではありません。
とてもか弱くて、とてもとても愛おしい命。
でもこの小さな命は多くの事を教え、私に与えてくれます。
夫婦の絆も、両親との関係も深くなりました。

振り返るとこの1年、息子に沢山支えられてきたなぁ。
息子の豊かな表情が、
少しづつ重たくなる体重が、
私を幸せにしてくれました。



生まれる前は、
イケメンになるかな?
背は高いかな?
運動神経は良いかな?
頭は良いかな?‥
なんて、
多くの事を望みましたが、
息子が生まれて1年。
心から望む事はただ1つ。
元気に育ってほしい。


まだまだ新米母さんです。
戸惑う事も沢山あるけど、夫婦で力を合わせてこれからも息子の成長を見守っていきます。

1歳おめでとう。
この1年私は毎日幸せでした。

1歳。
どんな毎日が訪れるかな?
わんぱく坊やの相手をする覚悟は出来てるぜっ!!

明日!

  • 長澤奈央 公式ブログ/明日! 画像1


今日は雨で寒いホワイトデーでしたね。

さて、明日は映画『仮面ライダー1号』の完成披露会試写会です。

ドキドキワクワク。


それでは、おやすみなさい。

ハリケンジャー

  • 長澤奈央 公式ブログ/ハリケンジャー 画像1

只今東映YouTubeでハリケンジャーを配信しているとの事なので、初めて息子にハリケンジャーを見せました。
ちょっと‥いや。かなりドキドキ。
生まれてすぐニンニンジャーから戦隊は見せているから怖がって泣く事はないだろうけど、どんなリアクションをするのか?


初めて見る落ちこぼれ忍者の姿を一生懸命見ていました。
七海が映るたびに『お母ちゃんだよ!』と猛アピールするも不思議そう。

まぁ14年も前ですからね、容姿も違うよね。


七海が私だと分かるようになったらしっかり見せたいな。


皆さんも是非東映YouTubeでハリケンジャーを見て下さい。
懐かしいですよ〜。

仮面ライダー1号!

  • 長澤奈央 公式ブログ/仮面ライダー1号! 画像1


3月26日公開の映画【仮面ライダー1号】に出演します。
昨日打ち上げがあり、藤岡弘、さん白倉プロデューサーさん‥そして皆さんの挨拶を聞いて仮面ライダー45周年の記念すべきこの作品に参加出来たこと本当に幸せだと改めて実感しています。



お話しを頂いた時に『遂にライダーに変身出来るのU+2049U+FE0E』と夢が膨らみましたが、今回は適役です(笑)
産休中だったので久しぶりのアクションでしたが、
金田監督、竹田アクション監督、そしてJAEの皆さんに沢山指導して頂いて毎日筋肉痛のアクション三昧。
竹田さんにいっぱい怒鳴られたな〜(笑)
この歳になってもハリケンジャーの頃と同じ様に怒鳴ってもらえるのは幸せです。
現場にはハリケンの頃から私を知ってくれている人が沢山居たので安心してお芝居が出来ました。

当時高校生だった私が妻となり母になった姿をみんな喜んでくれて、私もまた皆さんと一緒にお仕事出来た事が何よりも嬉しかったです。

母になり、今まで以上にヒーローの素晴らしさ、特撮の凄さを感じていたので、この作品が出産後の復帰作になる事を誇りに思います。


公開までもう少し。
皆さん是非劇場に足を運んで下さい。


キャストの皆さんと撮った写真はまたアップしますね。

成人の日。

  • 長澤奈央 公式ブログ/成人の日。 画像1


成人の日。

新成人の皆様おめでとうございます。
二十歳かぁ〜無限の可能性があってワクワクしちゃいますね。

今の私は、『自分が二十歳だった頃』を思い出すよりも『息子が二十歳になったら』と想像しています。


二十年後の日本はどんな世界か?
息子はどんな成人になっているのかな?
やりたい事は見つかったかな?
好きな人はいるのかな?
‥想像しただけで泣けてきます(笑)


その時私は52歳。
どんな風に歳を重ねているのでしょうか。
歳を重ねていくのが楽しみと思えるのも幸せな事ですね。