自民党新三役決定

  • 永岡桂子 公式ブログ/自民党新三役決定 画像1
  • 永岡桂子 公式ブログ/自民党新三役決定 画像2
  • 永岡桂子 公式ブログ/自民党新三役決定 画像3
9月9日、自民党は執行部人事を行い、新たな三役として石原伸晃幹事長、小池百合子総務会長、石破茂政調会長(留任)を選任致しました。

夕方から、常設の最高議決機関である「総務会」が開催され、承認されました。
私も党総務として召集がかかり、出席致しました。

三人とも50代であり、また自民党三役初の女性起用ということで、秋からの国会に向け谷垣総裁の戦う決意の表れだと感じました。

実は、去る9月7日、私は同僚の女性議員とともに谷垣総裁を訪ね、新役員に女性を登用していただくよう提言を申入れました。

女性だから特別扱い、パフォーマンスということではなく、子育て、教育、福祉から雇用問題に至るまで、女性ならではの視点、経験が新たな政策立案に必要不可欠と考えたからです。
総裁は非常に真剣に私たちの言葉に耳を傾けていただき、逆にいろいろな質問をされるほどでした。
勿論、様々な意見を勘案し、最終的には総裁の判断によって、今回の人事を行ったものですが、我々の意見を参考にしていただいたのであれば幸いです。

国民の方を向いて政治を行う自民党が、政権奪還の狼煙を上げる。
「闘う自民党」としての新体制となったのではないでしょうか。