代表選騒動 その2

小沢氏を悪役、鳩山氏を道化役にドタバタ劇を演じて、マスコミの目をひきつけ、多少の支持率を稼いだところで、多くの国民は冷静に見透かしていると思います。

参考までにこれまでの経緯を簡単に記しておきます。

6月
・鳩山首相、普天間問題で自ら言い出した「出来る限り国外、最低でも県外」が守れず退陣

・小沢幹事長、政治とカネの問題を説明しないまま辞任

・菅新首相誕生、支持率V字回復

7月
・菅首相、数多くの発言のブレで支持率逆V字下落

・参院選民主党大敗

・鳩山前首相、政界引退宣言を撤回

8月
・鳩山前首相、菅首相を支持すると表明

・鳩山前首相、小沢前幹事長を支持すると表明

・つい2ヶ月前に辞めた小沢前幹事長、代表選出馬表明

・密室談合、しかしトロイカ失敗


 今、国民は景気の回復を強く望んでおります。
 デフレの中での円高対策、景気対策の議論をするため、政府には国会閉会中審査で委員会を開いて頂く事を強く要望いたします。