シネマ落語

今日はシネマ落語の試写会を見せていただけるという素敵な日になりました。
映画で落語って、楽しめるものなのかしら?と思いながら行った自分は、ザ・浅はか
いつの間にか生で見ているような気分で笑ってました。
話が終わるたびに、映画の中に映っているお客さんと一緒に大拍手を送りそうになるんですけど、映画館の中では誰も拍手してないことにハッと気づいて拍手するのをやめる、というのの繰り返しでした

たしかに映画館では、良いシーンだからといって拍手しないですもんね。外国人ならともかく、日本人だし、富山県民だし。
そんなこんなで。

6月30日(土)から、全国公開だそうです!!
シネマ落語
「落語研究会 昭和の名人 四」

六代目笑福亭松鶴『高津の富』(‘70)モノクロ
五代目柳家小さん『試し酒』(‘84)
六代目三遊亭圓生『猫忠』(‘77)
五代目桂文枝『猿後家』(‘86)