スーパーブルー

今夜は満月。そして2018年で1番大きく見える、スーパームーンです。新年早々、なんだかおめでたくてうれしい気持ちです。月と月の光が美しい夜になりました。

あらためまして。どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。みなさまにたくさんのステキなことがありますように!

そして今月は2日と31日が満月です。1ヶ月の中に満月の日が2回あることをブルームーンと呼びますが、今夜はそのブルームーンでもあるのです。

2015年の7月以来。久しぶりです。そして次のブルームーンは今年の3月。月光がまぶしいくらいに明るいので、月光浴をしてきました。2018年、幸先がいい気がしてきました。

2017

  • 村松えり 公式ブログ/2017 画像1
なんだか慌ただしくしていたら、クリスマスを過ぎてもう大晦日。あと数時間で2017年も終わりですね。本年もたくさんお世話になりまして、どうもありがとうございました!

年の初めになんの根拠もなく感じたように、私にとってはたくさんのイイコト、うれしいことがある1年になりました。少しずつですが活動できる場がひろがり、また自分でも見つけていろいろなことが出来るようになってきました。これからも、もがきながらではありますがひとつずつがんばっていこうと思います。

また、大好きな方との悲しい別れで立ち直れなくなりそうになったことも1回ではなかったけれど、不惑を過ぎるということはそういうことに向き合わなきゃいけないのだとあらためて考えました。自分自身も、驚くほど体調が絶不調だった時期もあって、健康の大切さを噛み締めています。

でも振り返ってみれば、とても充実した1年だったとうれしく楽しく思う2017年でした。本当に、すべてのことに感謝です。

来年も、みなさまにたくさん報告できることがある年にしたいですし、します。どうぞよろしくお願いいたします。

みなさまの2018年も素晴らしい1年になりますように。どうぞお健やかに。よいお年を!

別れと再会

  • 村松えり 公式ブログ/別れと再会 画像1
  • 村松えり 公式ブログ/別れと再会 画像2
  • 村松えり 公式ブログ/別れと再会 画像3
毎春、桜の季節になるとこのblogにも書いていた、神田川沿いにある少し気の早い江戸っ子桜の木がとうとう切られてしまいました。

私にとっては突然の出来事でした。子どもの頃から眺めていた、いつもある場所にその木がなかったので愕然としましたが、老木でしたしきっと仕方のないことなのでしょう。目の前にあったビルの解体もありますし、工事に耐え切れないとの判断なのだろうと思います。周りの桜も数本、一緒に切られたようです。大好きだったのでお別れできなかったのはとても残念ですが、今年は何故かいつもは撮らないアングルでの撮影や紅葉の時期の写真も撮っていたので、思い出とともに大切にしようと思います

別れがあれば出会いも。

家にほど近いところにある公園が少し前から長期にわたって大工事中です。大名屋敷の庭園に隣接した、小さな遊園公園がありました。ベンチがあり、ブランコや滑り台、お砂場があった公園の姿はいまやもうありません。庭園に吸収され、改修されているところです。そのかわり自然豊かな回遊式泉水庭園がバリアフリー化されて、いろいろなイベントをしたりして小さな子どもにもお年を召した方にもますます身近な公園になりつつあります。

それはとても喜ばしいことなのだけれど、ひとつ心配事がありました。私の仲良しの(我が家の庭まで遊びに来てくれていた)タヌキの親子がこの庭園の奥に住んでいたのですが、この連日続く大々的な工事のせいできっとどこかへ引っ越していってしまっただろう、ということ。母と危惧していたのです。でも先日、2匹のタヌキさんががさがさと食べるものを求めているところに遭遇しました!

タヌキ一家に会ってからは、年に数回は我が家に来てくれたり、往来で出会ったりしていたのですが、この工事が始まってからはぱたりと途絶えていたのでがっかりしていたのです。恐らく何代か代がわりはしているだろうけれど、元気に生息しているようです。

諦めていただけに、またとてもうれしい再会でした。写真は、紅葉している江戸っ子桜が1枚目。2枚目と3枚目は、工事中の金網越しに見えた風景です。3枚目はタヌキさんの黒いシルエットとと光る目。おわかりになりますか?

子ガメの上に親ガメ

  • 村松えり 公式ブログ/子ガメの上に親ガメ 画像1
散歩中に遭遇しました。みんなで、あったかヒーターの上でお昼寝中。ふふふ。

招き猫

  • 村松えり 公式ブログ/招き猫 画像1
少し前に銀座で見かけた招き猫さん。お店の前に、帽子をかぶって佇んでいました。黄色のベレー帽、とても似合っていてステキ。左手で招いているから、千客万来。人を呼びこんでくれるはず。あやかれますように。

右手は福を呼び込むことから、金運なのだそうです。

そして左手をあげているのは雌猫で、右手をあげているのは雄猫なんですって。奥が深いですね。