金木犀の香り



今朝



新聞を取りに行こうと玄関を開けたら



肌寒い空気と共に甘い金木犀の香りが



庭の金木犀は見たらまだ蕾でしたのでどこか近所の庭から風に吹かれて香って来たみたいです



金木犀は色んな思い出の香り



殆どが良い思い出なんですが



唯一



僕の歌で香華という歌が有るんですが



香華は僕が提案して金木犀の思い出を作詞した曲なのに出来上がりの歌詞カードを見たらいつの間にか違う人の名前になってたという最悪な事が


本当



僕の渡る業界嘘ばかり


こういうのも有ってうさぎのブギのキャンペーンは一切せずその方とは縁を切ったという



朝から止めよ



けどどうしても金木犀の香りがしたら思い出しちゃう唯一の悪い思い出です



悪い思い出はもう思い出したから



後は香りの中で良い思い出にゆっくりひたろう