メール恐怖症



ここ2.3日殆どメールをしてません



連絡事項やたった何行かだの了解メールでさえでも何度も読み返してから返事してま



先日
今お世話になってる方からメールが来て


来たメールを勘違いして理解した僕は全然違う答えメールを送ってしまい
最終的にはごちゃごちゃなメールのやりとりになって
ほの方と妙な距離感が出来てしまいました



文字で何かを伝えるのは本当に難しいです



凄いベストセラーでも大ヒットした歌の歌詞でも受け止め方は十人十色で



文字でのやり取りとなれば尚更の事で
たった1つの絵文字でガラッと文章が明るくなったり暗くなったり
でも絵文字も気を付けないと有り難うの後に
を僕はよく使うんですが全然とらえ方も変わりますよ
一番困るのが微妙を表現する
では全く違う取り方されたり



手紙しかなかった時代の人達はどうだったんだろう



手書きと言うのが良かったんですかね



気にし過ぎてるのかもしれませんが



只今メール恐怖症中


 
  • コメント(全4件)
  • ☆月夜☆in最少 
    8/3 16:15

    短歌や俳句など伝統的詩形においては、助詞の匙加減一つで傑作になったり駄作になったり。

    日本語はそれほど微妙で繊細な言語だと思います。
  • ‡junjun‡ ☆冬は必ず春となる☆ 
    8/3 16:25

    確かに
    て難しいよね

    文字だけで絵文字がないと、冷たい感じがする
    また、やたらと絵文字を使いすぎると軽くなる

    あたしは、すごく大事な時は電話しちゃ

  • ぷり姉・(*^_^*) 
    8/3 16:27

    そうですよね
    パソコンや携帯メール等で手紙を書く事が、無くなりましたものね…。
    大事な用件等は、相手側に電話確認してます。
    その方が一番だと思うのですが…
    メールだと変換ミスで、意味合いが違ってしまう事もありますから…。
    タイキさん、余り考え過ぎない事です。

  • '15.10.22退会 宝 花 
    8/3 16:39

    そうですね。
    絵文字もくせ者で
    社共通といっても絵の雰囲気で全然異なった印象を受けることも

    私は、仕事上の大切な内容や、ややこしい内容は相手の都合
    確認してから
    すようにしています
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)