2014/04/03 為公会例会 麻生太郎会長挨拶

為公会例会
麻生太郎会長挨拶【要旨】
2014/04/03

 ご存知の通り一昨日、消費税(率引き上げ)が実施された。

 これは「社会保障と税の一体改革」として、ずっとやってきた話だ。日本の財政健全化の為にも、また世界に冠たる国民皆保険制度(などの社会保障制度)を維持する為にもどうしてもということで、自民党が野党の時に与野党合意で法案を通し、今日、それが実施されたということだ。ここが一番肝心なところだ。

 当日(1日)の朝、コンビニに行き、「ゴルゴ13」のコミックとミネラルウォーターを買ったが、いずれもきちんと対応してあり、店員さんには「昨夜は大変だったね」と声をかけたところだ。

 当たり前の話だが、税金が高くなって喜ぶ人は世の中にいない。ただ、米国のような「低福祉」でも北欧のような「高福祉」でもなく、日本が今の「中福祉」を求めるなら、やはり「中負担」は負っていただかなければならない。「低負担」で「中福祉」というわけにはいかない。社会保障費が毎年1兆円増え続ける状況を、永久に続けられるわけはない。その意味でも、今回(の税率引き上げ)は大事なところだ。

 高度経済成長期からバブル期にかけて、経済が高成長した時代は、その(恩恵の)配分が我々政治家に与えられていた仕事だったが、今は違う。

 バブルがはじけデフレ経済に陥れば、新たな負担を求めたり、既得権のはく奪したりすることが、我々に与えられた仕事になる。これは否めないことだ。この「マイナスの配分」こそ、政治家にとって最もしんどい仕事だ。それを覚悟でやらねば、日本という国が持たない。ぜひ、その点も頭に入れておいていただきたい。

 我々を取り囲む環境のこともあるが、他国と比べれば日本は確実で安定したものを持っている。それは我々の持っているいいところなので、大事にしていかねばならないし、そうしたものに自信と誇りを持って今後も邁進していただくことをお願いする

2014/03/20 石破茂幹事長ぶら下がり

石破茂幹事長 ぶら下がり
(平成26年3月20日(木)18:25〜18:31 於:衆議院第2議員会館515号室)

【質疑応答】
Q: (代表質問)テレビ朝日の水頭です。先程の参議院本会議で平成26年度予算が成立しました。戦後3番目のスピードでの成立となりましたが、幹事長の受け止めをお聞かせください。
A: 別に早ければ良いというものではありません。衆参とも充実した質疑、そしていろいろな意見が述べられ、十分な審議の上で成立したものだと思っています。私どもとして、平成25年度補正予算と併せて、早期に成立させ、早期に執行する。そして、それが年度内であっても、国民の皆様方にそれが伝わることによって、我々の政権が実現しようとしている景気の好循環、消費税が引き上げられても経済が回復基調から外れないということを実現するために必要なものだと思っておりまして、ご審議にあたって、ご努力なさった皆様方に心から感謝いたします。

Q: (代表質問)テレビ朝日の水頭です。予算規模も過去最大となっていますが、幹事長のご所見をお聞かせください。
A: これは財政規律に配慮しなければなりませんが、まず景気を回復基調に乗せるために、必要な予算は組んでいかなければなりません。機動的な財政出動、そしてまた大胆な金融緩和によって、経済がここまで来ているわけで、この流れは止めてはいけないと思っています。それから社会保障制度の改革をきちんと行い、財政規律を確保すること、あるいは財政出動や金融緩和のみならず、第3の矢と呼ばれる規制緩和を中心とした改革に果敢に取り組みたいと思っています。

Q: (代表質問)テレビ朝日の水頭です。4月以降、集団的自衛権の議論など、与野党で協議していていく大きな課題がありますが、これにはどのように対応していくのですか。
A: これは、国民の皆様方が一番望んでおられる経済の回復を第一義にしていかなければいけません。しかし、ウクライナ情勢とか、あるいはわが国の周辺の情勢を見ても、時代は変わってきている。何よりも紛争を起こさないために、戦争を起こさないために、時代に合った体制の整備は必要だと思っています。優先順位を間違えることなく、しかしながら、時代の要請に必要なものは必ずやるという両方の思いを持ってやっていきたいと思いますし、自民党内においても、きちんとした共通の理解を得る。そして、そのことが公明党や野党の皆様方にもご理解を求めるために必要なことだと考えています。

Q: NHKの西井です。予算が成立して、後半国会では、どこに力を入れて、審議していきたいとお考えですか。
A: これは規制改革やエネルギー基本計画をどうするかということも必要です。あるいはTPPの進捗を巡って、そのあり方、農政改革等も議論されることになりますし、この国会中に、安保法制懇の報告書が出るか出ないか、今の時点で断言できませんが、集団的自衛権のみならず、安全保障について、広く理解を得るための議論は必要だと思っています。経済の再生に向けた流れの議論も必要となるでしょう。社会保障の改革もそうでしょう。そうすると全部ではないかということになりますが、それぞれの法案審議を通じて、あるいは一般質疑を通じて、そのような論点を深めていくことが必要だと思います。

Q: 朝日新聞の三輪です。集団的自衛権のスケジュールについて、確かに安保法制懇の報告書がいつ出るかわからない状況ですが、党としても、解釈変更を閣議決定するならば、事前に与党で審議するとおっしゃっています。どのようなスケジュールでやっていきたいとお考えですか。
A: 報告書がいつ出るかわかりませんので、それが出るのを待ってからという話をするつもりはありません。来週にも、総裁直属の機関が発足し、議論を深めることになります。やはり、今まで議論に参加できなかった方、当時現職ではなかったとか、他の仕事を抱えていたとか、そういう方々が多数おられますので、議論をすることによって理解を深めることには大きな意味があると思っています。いつ報告書が出るかわかりませんが、共通の理解を得る努力は精力的に行い、理解が広まることは早ければ早い方が良いと思っています。
(了)

2013/08/01 まちかど政治家瓦版8月号

  jun-mail-news 「松本純の国会奮戦記」
.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:2013/08/01
    毎日更新 http://www.jun.or.jp/

皆さん、こんんちは! 松本純です。
通常国会が終わり、参議院の選挙が終わり、自民党参議院議員会長選挙が終わりました。次は現職林文子横浜市長の再選をかけた横浜市長選挙が8月11日〜25日(投票)で始まります。休み無く頑張ります!

▼「まちかど政治瓦版」8月号
ねじれ解消で「経済再生」を加速させます この秋、正念場を迎えるアベノミクス!
http://www.jun.or.jp/kawaraban/201...

2013/07/26 鴻池氏参院会長選挙立候補会見

2013(平成25)年7月26日

▼鴻池氏参院会長選挙立候補会見

チャレンジャーの鴻池です。世の中、波風を立てることは好きでも得意でもないが選挙中に新聞報道をみたら、すでに選挙が終わっていないのに参議院の人事が固まりつつあるという報道を見た。そのときにやはり先祖返りするような自民党ではいけないと思った。参議院になってからの持論だし先輩とも話をさせていただいていたが、参議院はやはり衆議院と違う。戦後新しい憲法がアメリカによって素案が作られた時に、一院制が書いてあった。そこで先人が努力をして、二院制を残しておきたいということを言われたそうだ。そういう先人の思いを今現在のわれわれ参院議員が果たしているかという疑問がある。参議院は参議院らしい参議院にしないと国民から信を失って、最近の不要論につながっていくと危惧した。このたびの参議院通常選挙を顧みても投票率が高くなかった。これはやはり参議院の存在に対する国民の不信感があると思う。この機会に参議院というものをもう一度見直す。参議院の役割を確立するということが極めて大事ではないかと思い、そういう意味で決意をした。
極めて厳しいことは、よくわかっておりますが、私が会長選挙に立候補することによって多くの国民の皆様方の理解を得られ、それが参院改革につながり、日本の政治によりよき方向性を持たせることは非常に大事なことだと思いチャレンジした。参院議員は個々人が自立した考えで、政治行動をおこさなければならない。今のままでは衆議院の下請けに過ぎない。なかなか難しいかもしれないが、この選挙が終われば私は党議拘束を考え直す。党議拘束の垣根を下げる努力をしなければならないと思う。これが参議院議員の個々の自立のある政治行動につながっていくと思う。野党の皆さんとも協議しなければならないし、衆議院は時にして与野党の対立が政局につながることがあるが、参議院はやはり衆議院の決めたことについて再び考える再考の府としての役割を果たすためには、与野党の垣根もやはり低くして信頼関係をしっかりと結んでおくことが大事だ。衆議院の対立に対して、参議院は調和をしなけりゃならんと考えている。ぜひとも皆さんの理解をえて、新しく参議院議員が大勢誕生しているので皆さん方に協力をお願いして、参議院改革の緒に就きたいと考えている。

記者質疑

Q)参院人事は三派連合で決まってきたが、一石を投じたいという意味合いもあるのか。
A)その意味合いも、建前ではありませんが本音の部分ではあります。

Q)本音は密室政治からの脱却ということか。
A)多くの国民の良識ある目からみれば、参院と衆議院と同じことやっているじゃないか。派閥の多い者が順送り。今回の人事にしても1、2、3階に住んでいる人が2、3、4階に移るのはおかしいのではないかと思っている人が多いと思います。私はおかしいと思ってその意味でも立候補させていただきました。

2013/06/26 国会会期末

■今日のことは、忘れない、決して忘れてはならない!
----------------------
国会会期末の混乱を振り返る
(与党側からみた顛末)
2013(平成25)年6月26日

▼会期末最終日の混乱の背景には、いわゆる「0増5減」法案がある。

▼今国会最重要法案のひとつ、衆院小選挙区定数の「0増5減」を実現する区割り法(改正公職選挙法)は衆議院で4月23日に可決され、同日参議院に送られた。最高裁で違憲判決が出された一票の格差是正は待ったなしの喫緊の問題である。にもかかわらず参議院では審議入りしないまま、6月21日に平田健二参院議長は午前の本会議を閉会し、同法案の参院送付から60日以内の採決の見送りが確定した。与党は21日夕刻、参院本会議での採決の見送りは不適切として平田参院議長への不信任決議案を提出した。三権の長たる議長への不信任決議案は極めて重いものである。政府・与党は不信任決議案の採決が行われるまでは国会は不正常な状態であるとし、国会審議には応じないことを決めた。

▼そうした状況で石井一(民主)委員長の職権で6月24日に参議院予算委員会での集中審議がセットされた。しかしこれは平田議長への不信任決議案が出されている中、野党だけの要望に沿った強引な議会運営であり、不正常な状態の委員会開会はあり得ないものである。不信任決意案を突きつけられている議長経由での出席要求には応じられないとし、政府側は欠席。 与党も欠席し、予算員会は開会はしたものの休憩のまま終わった。

▼一部の野党はこの予算員会での政府の態度を審議拒否として、安倍総理に問責決議を提出した。もちろん上記の理由から審議拒否にあたらないのは自明の理である。しかし野党多数の参議院で問責の採決が行われれば可決となる可能性が高く、結果参議院で審議中の法案は全て廃案になることは分かっている。その状況下で、さすがに民主党も重要法案を着実に処理するべきではないかと6月26日朝までは総理問責に慎重な態度を取っていた。

▼しかし事態は一変、野党共闘を重視した民主党が問責採決を決めた。26日午前11時すぎに開会した参議院本会議では、自民・公明両党が提出した平田健二議長の不信任決議案が野党の反対多数で否決された。その後、総理問責決議は賛成125票、反対105票で可決。問責の可決を受け野党は法案審議を拒否し、電気事業法改正案や生活保護法改正案など政府提出の重要法案は廃案となった。
以上
-----------------------

安倍晋三総理問責決議案を本会議にかけ、数の力で可決した多数野党。その結果、衆議院厚生労働委員会で民主党も賛成していた「生活保護法の一部改正法律案」「生活困窮者自立支援法案」などの重要法案まで廃案になってしまうということは道理が通らない。衆議院厚生労働委員会では真っ当な与野党が、真っ当な審議を尽くしてきたと私は確信している。真剣に議論を重ねていた重要法案が政局の波にもまれ廃案にされたことに国民の理解が得られるはずもないし、政治への不信にもつながりかねない。そうした怒りと同時に、このようなことが起こりうるねじれ国会のもろさ、恐ろしさ、逆にいえば安定した政治の重要性を考えさせられた会期末である。