自己紹介

ログイン
3日以上
松方弘樹 まつかたひろき

プロフィール
本名・目黒浩樹 めぐろこうじゅ
1942・7・23生
東京都北区出身
A型

父・近衛十四郎(このえ・じゅうしろう・俳優)、母・水川八重子(女優)の長男。弟は目黒祐樹。
明治大学付属中野高校3年の時(1960年)に、父の所属する東映(株)に入社。

「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でデビュー。
以来「赤穂浪士」「瞼の母」「次郎長三国志」など時代劇を中心に甘いマスクの二枚目スタートして人気を得る。

1969年大映に移籍。「眠狂四郎円月殺法」などで活躍。1971年東映(株)に復帰し、「仁義なき戦い」シリーズ、「沖縄やくざ戦争」、「柳生一族の陰謀」、「修羅の群れ」、「最後の博徒」などのヒットを連発。

1991年の「江戸城大乱」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。
名実ともに日本映画界を代表するトップスターの座を歩み続けています。

また役者だけではなく、プロデューサーとしても辣腕をふるい、1995年作の「蔵」では日刊スポーツ大賞・石原裕次郎賞を受賞。

テレビ界では、「人形佐七捕物帳」、「勝海舟」、「大江戸捜査網」、「名奉行遠山の金さん」、「刑事貴族」、「HOTEL」、「サラリーマン金太郎」「私立探偵・濱マイク」、「ハケンの品格」他。
「天才たけしの元気が出るテレビ」などのバラエティー番組でのお茶目な一面や、「松方弘樹世界を釣る」といった大人の趣味の番組まで大活躍。

2003年は、40数年間の芸能生活の中でも初めての映画監督「OKITE・やくざの詩」を撮影。新たな経験を役者に生かしています。
2004年、古巣コロムビアレコードに復帰し「思いでワルツ」を発売
大人の魅力を歌った甘い低音にレコード業界も注目しています。