多摩川花火大会

  • 丸山圭子 公式ブログ/多摩川花火大会 画像1
  • 丸山圭子 公式ブログ/多摩川花火大会 画像2
  • 丸山圭子 公式ブログ/多摩川花火大会 画像3
季節外れの花火の音が、雷鳴のように夜空に響き渡っています。
昨年あたりから、世田谷区の花火大会は秋になりました。

先程花火客に混じって二子玉川まで歩いて買い物に行き、人が集まってきて身動き取れなくなる前に、さっさと帰りました。(笑)
帰る頃から花火が始まって、ビルの隙間からキラキラ輝くいくつもの光が見えました
でも…何となく花火は、行く夏を惜しむような時期に見て、秋の到来を感じるのが自然だと感じていますが…

昔は、"ドン"という音を聞くと、食事中でも表に飛び出したものです。
河川敷に場所取りをしたり、日産の教習所でシートを敷いて見上げたり、友人の家のベランダから見たり…
子供が小さい頃は、よく皆んなで集まり、ご馳走を食べたり盛り上がりましたね。

道行くカップルが手を繋いで、浴衣姿の女子が照れながら歩いている後ろ姿が、とても微笑ましく…
小さな子供連れの親子も、小走りに歩いて、先を争って場所取りに行きました。
何だか懐かしい光景で、息子達が幼かった頃を、あれこれ思い出しました。

今夜は晴れて澄み渡って、涼しくなりつつある夜風に、ゆっくり楽しんで見られて良かったですね。

音が静まりました。
終わったようです…
台風も去って、この花火が終われば秋になるかな…
涼しくなりますように…