日帰り温泉に行きました!

  • 丸山圭子 公式ブログ/日帰り温泉に行きました! 画像1
今日は休みだったので、チャッチャと(山盛りの)家事を済ませて、夕方からタスクと日帰り温泉に行きました。

この前、日本テレビの「正義のセ」で、犯人がアリバイ作りに使った温泉で…(笑)
写真で見ていたので、宮前平"湯けむりの庄"だって気づいて、絶対行きたいと思ったのでした。
家からは、道が空いて入れば15分位で着きます。

いろいろな種類のお風呂があって、私はジャクージーのようなバブルバスで、肩や背中をマッサージ。
そのあと、足にあたる少しぬるめのバブルバスで足をマッサージ。
少し温まったので、露天風呂へ…
露天風呂も、熱め(38.4度)とぬるめ(37.6度)の二種類あって、私はぬるめに入りました。
黒っぽいお湯で、少しぬめりがあって、お肌はツルツルになりました〜〜!
何人かでお喋りしながら、ユーックリ半身浴をしてる女性達や湯治のように目をつぶって、静かに温まっている年配の女性や、平日の小雨の中の(屋根付きの)露天風呂は、のんびりしていました。
私も深く息を吐きながら、手足を伸ばして、ストレス解消!
大きなお風呂は、気持ち良かったです!

さて、これから今週も「正義のセ」を見ます!
阿川佐和子さんの書かれた小説、やっぱり面白いですね。

「ポピュラー音楽史」SSW編!

  • 丸山圭子 公式ブログ/「ポピュラー音楽史」SSW編! 画像1
本日は朝から、全コース向け「ポピュラー音楽史」〜シンガーソングライター編〜の講座を、ここ洗足学園音楽大学・前田ホールでやりました。
すごく素晴らしいホールで、そこで講義をやるのはどんな感じかな…と思っていましたが、最後に「どうぞこのまま」も歌って、気持ちよく終える事が出来ました。
他のコースの生徒さんも、熱心に聞いてくれましたね。
ホールだとつい、お客様を楽しませないと…と思いますが、大学の講座はそこは違いますね。(笑)
でも、話の内容や選曲は、なるべく集中してもらえるように、自分史も含めて話しました。
Rock & Pops科の生徒の姿もありました。
SSWの歴史は、1時間半の講座ではほんのとっかかりの部分しか話せませんでしたが、今に至るまで活躍しているアーティストがたくさんいるので、夢を繋いでいって欲しいと締めくくりました。

その後何人かレッスンして帰りました。ライブとは違う、終えた後のホッとする安堵感と、歌う事の意味をコツコツと伝えていく大切さを、改めて感じています。

写真は、今朝の前田ホール。この奥にクラッシックの練習室が並ぶビルがあります。

金婚式パーティー!

  • 丸山圭子 公式ブログ/金婚式パーティー! 画像1
  • 丸山圭子 公式ブログ/金婚式パーティー! 画像2
今日のパーティー素敵でした!!

金婚式の主役のご夫婦が、音楽で繋がる人達を呼んで、皆さん様々な演目をご披露しました。
お二人の人となりのわかる、暖かく和やかなパーティーで、気取りも、いらない気遣いもなく、リラックスして楽しめました。
ご夫婦で歌った歌も素敵でしたし、奥様はマンドリン、チェロ、フルートと歌の他にも演奏してました。
ご主人は、長年お世話になっている弁護士の先生ですが、作曲なさった曲も披露。
ピアノやギターを弾いたり、声楽を歌ったりと、そんなに多彩におやりになるとは知らず、本当に驚きました。

私の座っていたテーブルで、CXの奥寺アナウンサーと、"料理の鉄人"にも出演した林訓美(リンクンビ)さんと知り合いました!2人共、ピアノや歌が、メチャ上手くて、ビックリしました。
林さんは、レイチャールズの真似もして、ウケましたー!(笑)
歌いながらの紙切り芸で、2羽のつがいの白鳥を、美しく切りました。
包丁以外でも、器用な方です!

弁護士ご夫妻のお孫さんの独創的な踊りもとても感心しましたし、親子三代でお孫さんも一緒に歌われた歌も、楽しかったです!一つ一つが中途半端でなく、ちゃんと見せたり聞かせたりできていて、普段から音楽に親しんできていらっしゃる事がわかりました。

音楽を愛する人達と過ごす時間は、この上なく楽しいです。
ぜひ、またご一緒したいと思います。

【林訓美さんのお店 鎌倉 凛林】
http://www.kamakura-rinrin.com/

銀座です!

  • 丸山圭子 公式ブログ/銀座です! 画像1
  • 丸山圭子 公式ブログ/銀座です! 画像2
  • 丸山圭子 公式ブログ/銀座です! 画像3
晴天の日曜日!銀座で、知り合いの金婚式パーティーです。「どうぞこのまま」歌います。
レイは、朝早くから出かけて、函館です!

西城秀樹さん逝去

  • 丸山圭子 公式ブログ/西城秀樹さん逝去 画像1
急な訃報で、驚いています。
かつては西城秀樹さんのマネージャーでもあり、「ヤングマン」の日本語詞の作詞家でもある天下井さんは、今朝から新聞社やマスコミ対応に追われていました。

私はご縁があって、天下井さんの事務所に入り、かつて秀樹さんのサウンドプロデューサーだった芳野藤丸さんとも、ご一緒しています。
秀樹さんが輝いていた頃のステージは、鮮やかに残っていて、忘れられません。

多くのファンの方々の今も変わらない秀樹さんへの熱い想いは、天に召されても、これからも永遠に伝わると思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
合掌…