ボクは『世田谷自然食品』というネームが嫌いだ

  • 前野重雄 公式ブログ/ボクは『世田谷自然食品』というネームが嫌いだ 画像1
  • 前野重雄 公式ブログ/ボクは『世田谷自然食品』というネームが嫌いだ 画像2
しかし、『世田谷自然食品』という会社のネーミング感覚ってのは、どうにも好きになれない。

他の府県住民のために説明しておくと、世田谷区というのはたいそう豪華な邸宅やらドアとドアの間が広く取ってあるマンションなど、外側から見てもいちいちボクらの下町とはワケが違う、まさに「高級住宅地ど真ん中」。

名古屋だったら中京テレビの建つ高台周辺、(阪神側でなく)阪急芦屋駅夙川の山側なんたらが相当するだろう。

そこにどう間違ったか、テレビ各局が愛用する「砧スタジオ」なるものまでがデンと建っており、近所の古くからある中華料理屋もラーメンが700円という土地柄である。どちらも周囲の空気を無視するかのように浮いている。
(だからしっかり稼いで世田谷暮らしにまで泳ぎ切ったタレント様などが、ここのスタジオでの収録となると、なぜかヤケに「ちょっとご近所で仕事だから」なんてテンションが高かったりする…浅ましさにセセラせら 笑)

だからこうした空気自体ボクにはおいしくないタイプなので、この砧スタジオは好かない。それに駅からスタジオまで徒歩でもタクシーでも「帯にタスキ」。こうした中途半端って大嫌いだ。
できたら稲川淳二さんにお願いして、ここのスタジオにも幽霊話をデッチ上げて欲しいくらいだ。

そしてそれらのシンとして取りすました雰囲気の中に、茶色くどデカい農地がコンクリートのすき間にポツンポツンと”置いてある”。
キャベツだの白菜・大根など鉄条網の中に、ここのは非常に生育良く育っているので、これらの”農民”らは、他よりも毎日きちんと丹精している方たちなのだろう。
一作物あたりの農民集中密度がやたら濃いいように思える。

これら諸氏は元々の百姓なのかもしれないが、先代からの相続で泣く泣くこの土地の路線価格とやら定められて、否応なく潜在的な大金持ちへと「後付け」された諸氏なのはいうまでもない。

それを同じ農民でも、タヌキをペットとしていつの間にか飼っていて、それが「イヌと区別できなかった」ようなド田舎の百姓さんたちと、どこも変わらないコスチュームでそこにしゃがみ、何百万倍も価値が違う土地を同じ表情でいじっている現代のパラドックスをいやでも目撃してしまうこの瞬間。

いったい、これを横目で見ながら、どれほどの住民会社員(ヒラはいないだろう)らが、『ダイコンさん頑張れ』『サヤえんどうさんだって負けるな』と心で励ましながら、連帯感いっぱいに通過しているのだろうか。いるわけないのである。

世田谷…早い話、ガンラガラガラな滅茶苦茶で『誰がブルジョアでなんデshow!』クイズみたいなものをライブで毎日やっているような場所である。

芦屋とか篠原みたいなところにこうした『税金対策農地』など点在しているだろうか?…ない。
もしあっても山口組が許さないのである。
『ちったあご近所の事も考えろ』ってガラス割りなんかされてしまうのである(笑)

で世田谷では、今度は白菜ではなく、ヒアルロン酸だのコラーゲンくんの出番なのだそうだ。
そうしたごくありがちな『クスリまがいの健康食品という粒』を売るのに際し、企業名を『世田谷健康食品』なるそれ自体をキャッチーなものとして売り出した業者がいる。
最初っからこの人たちは、TVや紙媒体のCMありき?でこのワンセットの呼びかけなのだろうが。思いっ切りそうした安易なセレブっぽい背伸びイメージにおもねるなんて、都会人にはそぐわないカン違いをしているように思えてならないのである。

果たしてそうした環境が、どれほどに消費者に於いて『健康っぽさ』を追認させるのだろうか。
彼らが目指しているのは、販売するクスリを修飾するのではなく、何でもいいから『そうした高貴な場所で作られたモノ』、そっちのほうで購買意欲をそそりたいといったよく判らんメイクアップ作法で商売しているのである。

そのせいか、虎の子であるはずの『美容食品』のネームの方がすっかり刷り込まれていない事に、今回これを書くに際してはじめて気が付いた。

人間正直なものである。

おそらくはこの「世田谷」に昔から恋あこがれて、創業なさった経営者なのであろう
ここの地名を冠無理すれば、消費者の一部は勝手に良質なイメージを勝手に抱いてみてくれる。
こうした『不労所得』みたいな所在地名がそこにあるのなら使わぬ方が損である。場違いであるなんて自制心は持つ方が高潔な人士なのだと思っている。

名乗るほうも、それに無批判に引っ掛かる(失礼!素直な方々と訂正)ほうも人間的にはカッペなのではないか。それは住む場所が『都会生活者かどうか』の云々ではなくて、感覚的にいう「イナカ者」かどうかというハナシに落ちるものだ。

ボクだったら、この土地に見合った製品名はこうネーミングするなあ
『世田谷自然食品の「ザアマス」』

写真は:ラスベガスで出逢った『アメリカ人のカッペ』

 
  • コメント(全4件)
  • 織瀬宗衛 
    6/25 23:48

    ガキの頃から一緒に遊んでた友人の医者が言う事にゃ
    「ヒアルロン酸だのコラーゲンだの、肌に塗ったりしても無駄。皮膚が吸収するのは紫外線と水分だけ。ついでに飲んでも無駄。殆ど消化してもケツから出て終わり。マイナスイオンだ何だと喜んでるのは日本だけだぞ。
    だそうな。
    沖縄で生まれ育った仔牛を三重・松阪で育てりゃブランド牛らしいですなぁ・・・。
  • 空波*本業超多忙*ホウチミン師 
    6/28 03:33

    おっしゃる通
    ヒアルロン酸は口からの摂取だと
    効果はほぼゼロに近
    注射などで直接的に
    体内に入れない限り効果はありません。
    それでも、100%の効果ではないですからね。


    まぁ、この類の食品
    医学的な効果があるなら
    保険対象の薬にして
    売れるはずなんですがね

    同じようなこと以前
    前野っサン言ってたよ



    路線価額が高い土地でも
    東京には生産量が少ないけ
    名産もありますしね

  • ダヤン(とジタン)⇒年明けは、当分残業 
    6/28 19:47




    いイメージですが、東京に住んでにゃい人間としては、『銀座』や『田園調布』という地名ににゃら、多少、高級感(あるいは高貴)を感じにゃいでもありませんが、“世田谷”と言われても、体して、ピンときませんね

    体、セレブが住むようにゃ土地で、物を作っている。つまりは、“工場”があるわけですよね

    それって、どうよ!?』

    っていう矛盾めいた感想しか、思いつきませんから。



  • サラ 
    8/14 06:29

    「ザアマス」、素敵です(笑)
    世田谷がどんな場所か全然わからないけど、笑えます
    イス
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)