あまりに「非良心的」な商品

  • 前野重雄 公式ブログ/あまりに「非良心的」な商品 画像1
  • 前野重雄 公式ブログ/あまりに「非良心的」な商品 画像2
  • 前野重雄 公式ブログ/あまりに「非良心的」な商品 画像3
ボクはあらゆる分野の便利そうなものを入手しては、それが正しく機能する品ならば、それを広く伝えてあげたいと努力する「アイテムおせっかい」野郎だ。

警視庁捜査一課がそれに耳を傾け、真摯に従来の官給品の防弾ベストの無力性に気付いたうえ、それを一から見直してなんとボクの設計する新時代の防弾素材をいち早く取り入れてくれたという過去も実際にあった。

以下に挙げたトンでもないモノは、そうする中において、「ここまで下らないもの」までがこの世にはあり、幾度か誰しもが当り前のフツーに使うだけで欠陥が露呈するようなシロモノがある。

そんな詐欺的な品だというのに、資本力によるカモフラージュのおかげで、図々しいことに(ドイツの)世界的な工業生産デザイン賞(Reddot賞2014)まで、ロクにテストなどしないことをツケ目に、まんまとだまし通して受賞し、挙句はその受賞シンボルのそれを掲げながら、不誠実きわまる営業作法により、いまどき夜店のテキヤさえ遠慮するような粗悪品を、1〜2万ものカネをふんだくって現在進行形で(!)販売している例がある。

以下はAmazonの「Vinaera(=商品名)」という販売サイトページに現存する悪事。
商品のVin...なるものは、赤ワインを抜染した後、できるならばそれを空気中の酸素に「ゆっくりならし、優しく全体に混入させる」といったエアレイション作業(通常なら奇妙な形のデキャンタ等の専用容器類を利用しても30分〜2時間かかる)というワイン本来のゆったりさを取り戻すワインには欠かせぬ伝統のお作法。

・・・その(呑みたくて)気が狂いそうになる意地悪な手間、だったものをこの機器は「ボトル内に突き刺したストロー状のパイプ」を通し本体内部まで、乾電池式ミニポンプでくみ上げて、ワイングラスへと注ぐプロセスの課程で、その間に外気とワインをなじませて醇化(じゅんか)を済ませてしまう・・・という、ワイン等必携のスーパーお役立ちアイテム。

ボクはこれを海外のベテランバーテンダーから『驚異的な効果!(同人)』という触れ込みを耳にしたので、ただちに検索してこれを買った。
net通販だと、最高で(同じ品だよ!)27000円から、最安がAmazonの9553円ナリ(ナニコレ 笑)。

トライした結果、ほんとうにビックリした。
それは二つ、嬉しさと爆発的怒りの結論だった。

そのワインとは、さんざっぱら飲み倒し、樽個体個体の個性まで知っているほどに馴染みのあるわが愛飲ワイン・・・これが思いっきりおいしい!!
どんなニューアンスのどこが変わっているのか?と訊かれたら、あえて口にすれば
『なにかと未熟な(?)反抗心をあちこちに秘めながら、それでいて「そんな若さも心根が可愛いから許しちゃう!!」』みたいな女子キャラのお味とでもいうか。

そんなコケティッシュな若き女性が、なんと『舞妓の置屋で何年かお稽古を積んで、すっかり艶っぽい芸妓になって帰ってきた』という(これが本来なの?)カンジになって、我が味覚に再デヴューするのであった。

その再会ならぬ「初対面」に、わが食卓では思わず無言で目を見開く家人とボクは深く頭をかしげるばかり。
いわば、なじみのはずのボトルちゃんに、すっかり『上目線』で『ナメんじゃないよ』と脅かされたようなショック。『これはいい物を薦められた!!』
そう、感激したのがこの機器との初インパクトだったのに・・・・

それが・・・最終的には、この未熟きわまる非良心的プロダクツの作り手(輸入元ら)とクレームふくみで接触を余儀なくされてしまう破目になった。
その後の展開は後述のようにこのAmazonページの『カスタマーレビュー』に思いっきり冷静に書いて、だまされぬようアクセス各位に警鐘を鳴らした次第。

『営業妨害』で訴えるなら喜んで、これを不正との戦いと位置付けて法廷で闘い抜いてやる所存だ。

他のレヴュー諸氏にもあるが、ほんとうに『2・3度使ったらキチガイでもわかる事だ。ホントにいとも簡単に根元でポキリなんだから』という驚くべきバカ製品なのである。
(それも、ちょっと素材を工夫すれば解消する欠陥だというのに…。このままでは品物自体がかわいそうだとも思う。「品物だってニンゲンだ!・人間だってシナモノだ!」)

★Amazonサイトに残されたmyレビュー・・・・・・
★★★★★★我が家の「買ってはいけない2016年度No.1」選定商品
投稿日 2016/9/1

このコンセプトは素晴らしい。ワインボトルに装着してその結果、注がれるワインは(分秒待たずに)最高級のエアレイションを終えた本来のワインの持ち味を楽しめる製品だ。
私は気に入って息子らにプレゼントしてやろうと検討していた矢先、写真の本体からボトル底部まで伸びる硬質のプラ製パイプ本体との付け根部分で折れ、吸い上げ機能は停まった。

それも本体下部内側にある付け根からポキリだった。
その接続部分が軟質であるならば、種類によってボトルの深さが異なる瓶底部の出っぱりも、様々なワインボトルに対応できよう。

だがこの制作者にはその思いやりや検討時間を持つ良心が欠落していた。買ってみればすぐに判る。

ここから『ワイン瓶特有の底の富士山状の出っ張り』へと、本体から突き出したパイプが、ドスンとまるで突き指をしたかのように装着する度ごとに衝突するのだから、折れるのも自明の理であろう。

そして修理。埼玉の彼らはこれを商品の欠陥として保証しようとしない。さすがに修理料こそとらなかったが、往復1200円だかの送料はこちら持ちである。
たかがそんなカネと思っても、製造者なら覚悟の上の構造的欠陥が呼んだ故障ではないか。謝罪のうえ修復を願い出るのが本当だろう。謝りもせず「送料は負担して下さい」とつっけんどんな中年女性の声。

おまけに、送り返してきた品はそれまでの利用した形跡をそのままに、水洗や清掃するわけでもなくベタベタなまま返してよこしたのである(苦笑)。
彼らのすべてにムカつきながらも
『今後は注意して差し込もう』とわが酒飲み夫婦はビクビクしながら修理済み品を扱ってきた。★するとその後、1ダース半を抜栓したところでまたポキリ(笑)。

苦労の末、本体を分解してみて気付いたのだが、構造的にそのストレスがかかるパイプの接続部分はおよそ正1ミリ厚のアクリルパイプ部品。アクリルとはプラスティックでも硬質なので、硬いけれどもポキンと折れやすい性質なのだ。しかもこの薄さでは…(苦笑)

想像すれば解る。洗濯機から外に出たホースがこうした硬質の素材だったらどうなるか、女性の手でもこれを掴み、折り曲げるなどしたらポキリといくものである。
だから洗濯機などには、蛇腹などソフトな堅牢性もたせ、日常繰返しの折り曲げ運動に備えるのである。

こうした硬いアクリルの薄いパイプが使いたいなら、接続したまま動かさないで良い固定パイプとしての部品には向いているが、ワインの底にゴツンしたりしなかったりの日常生活…だったら、これが向いていると考える設計者はバカか、よっぽど思いやりのない無責任人間に違いない。

そうするうちに、(ウチの品は悔しいし、勿体ないから、シリコンゴムのパイプを固定する手術をボクが手掛けて今は元気でやっている)救うものが海外に現れていた。

写真の上側:
この製品はそのパイプを(自動車のアンテナのように)伸縮式の金属パイプに替えて同じコンセプトで登場させたのである。
決まった!現在のマイ修理品が使命を終えたら、こっちを購入しようっと!

下は、「ダメなVinaera」の構造的欠陥図

オレを怒らせるなよ!

日本の紳士らの底の浅さが見えてしまう「別天地」に行ってみた

  • 前野重雄 公式ブログ/日本の紳士らの底の浅さが見えてしまう「別天地」に行ってみた 画像1
  • 前野重雄 公式ブログ/日本の紳士らの底の浅さが見えてしまう「別天地」に行ってみた 画像2
この店客扱いがザツで、アタマに来たから「食べログ」でチクってやろうとしたら書き込み停止中だった(笑)
***************************
火曜のランチは、日米のある年寄りの集まりを、皇居お堀端にある『明治生命記念館』の地下B1、普通は利用できないメンバーズルームで開催するというので、場所が気に入って行き、帰ってきた。くだらない場所だった。

何ったってソコは「重要文化財」なのである。建物が。
GHQだって、最近じゃハンザワナオキのロケで使っちゃうのである。
そのB1『センチュリーコート丸の内 メンバーズルーム』なんてエラいのである。そんなサモサモな小細工に、出掛ける前から負けていたんだろうなあボクはやっぱし小物だったのである。

ミーティングは「ハワイとの友好をより深くしたい」という、いい年喰っていながら未だロマンの溢れる年配人士が集まったのだけれども、こんな風に大仕掛けで客をかしこませていながら、『お運びさん男女』は老若問わず、サービスの質は「神田の一杯メシ屋」以下なのであった(笑)。

ホワイトクロスのテーブルを(おそらくは)一人3・4テーブルを担当しているように見受けたのだが、黒服諸氏いずれも動きが悪すぎる、まず目配りがゼロ。そーゆー心構えなのだ、どいつもこいつも、べるぎーも。
(「アーユー どいつイズ じゃーまん?」で、出川がドイツ人に尋ね、それで意味が通じていた 笑)

そんな調子だもんだから、乾杯のあと、ボクのテーブル上の赤ワイングラスが空になろうがなるまいが、(歳だけは?)ベテラン女史も眼中に入れない…そんなの知〜らないのである。で、いられるのである。

別の給仕仲間によるアドバイスやら目配りなどの相互フォローもゼロという体制。ある意味、担当テーブルの区分けがそれだけ「ソリッドセパレート」なのだろう。できないのではエラかないけどね。

さらに驚いたのは、若い黒服ったら、私たち二人が「立ったままのご歓談中」に、その狭き空間を無理に拡げ、分け入ってテーブル上へ皿を置く用事を、ひたすら無表情に足してしまう事だった。

ふ〜〜ん、皿が着席中の二名の間がおしゃべり中で開かない・・・こうなったらあなたどうします?

「失礼します」とか言うよね、「オッスごっつぁんです」とか(笑)。
ところが『重要文化財』流ときたら、無言で眉間にシワ寄せて、トレイを持ったまま、二人が気付くまで(『(おい、気付けよ)』とばかり)待っていやがるのですよ。イヤ味だよね〜。

さすがは『三菱地所に見に行こう』なのである。
こいつなどは『三菱地所は見ていよう』というわけだ(笑)。
こんな事して優しさを喪っているから、爆弾事件まで起こされるのである。

ボクのワイン懇願だって最後まで、「下さい」と通りがかりのお運びさんに声が届いた時以外、自発的にグラスが満たされることはなかったのである。
基本的にケチなのか?(笑) 『そう言われたからサービスをする…』というのでは、ロクな態度でサービスは望めない。
ハナっから連中は『あ、気付きませんで』でもないから。
だからそれ以降もお開きまでのかん、一杯ずつ「おめぐみ下さい」と、しまいにゃ土下座までしてワインのお代わりを乞うたものだった(笑)

この連中はどれもこれも、新人のバイトなどではなく、一応はセイシャインっぽいのが、問題をより深刻にしている(どんなモンダイだ)

ここは、昭和5年にビルが着工になったユイショある三菱資本のカンバンなのだそうで、同コンツェルンの「エラいさんら限定」で、もっぱら集まるところらしく、サモサモらしい『食べログ』などのチクりサイトごときでは、下衆なご仁らの星印は精一杯に飾られ、やれ『隠れ家的・・どうの』とか『重文らしい・・こうの』などなど、読んでいてすっかり歯が浮いてしまった当方なのだ。(あんだけ大きなビルの地下。そんな巨大な器を隠れ家にするなんて、いったいどんな大秘密組織なのだろうか 笑

だけれども、『三菱地所に見に行』った結論は「ホトケ作って魂入れず」ではないけれど、まさに伝統の(あるかもしれない)、古い『ビルジング』がそこにある・・・たったそれだけの価値へと、バカな後継者らによって人としての膨らみを補填され続けられたワケでなく、ただ食いつぶされたまま…スカスカの単なる入れ物へと堕ちてしまったという『残骸メンバーズクラブ』というワケなのだろう。
(ビックリしたのは「食べログ」に書いておいてやろうと思ったのだが、ボクのページから「書込む」ボタンがなくなっていたのだった 「カンジ悪かった」「挨拶ができなかった」という事象はイケナイ事柄らしいのだ 笑)

こうした人々の空疎なケンイによって、結局はダメにされてきたニッポンの象徴を見てきたような気がする。

「露出」のご案内

  • 前野重雄 公式ブログ/「露出」のご案内 画像1
  • 前野重雄 公式ブログ/「露出」のご案内 画像2
今度の火曜深夜0時15分から60分番組「ぶちぶちシソンヌ」という番組に招かれました。
『恋ダンス』を軽く踊って見せ、出演者らに笑われてます(ア~ヤダヤダ)。
広島ホームテレビ(テレ朝系 amebaTVでも視聴可)等でお会いできればさいわいです。

彼女が目を上げて5秒以上、それを目撃できたあなたは・・・

  • 前野重雄 公式ブログ/彼女が目を上げて5秒以上、それを目撃できたあなたは・・・ 画像1
この週末で大統領戦決選投票のすう勢が決まるフランス
***************************
各国の大統領クラスのスピーチというと、必ず「プロンプタ」と称する、透明のアクリル板に乱反射を利用して、カンペ文字列を気付かれぬよう見せちゃう政治用秘密兵器が活用されている。
NHKのニュースなどでもスタジオのカメラのレンズ前に、斜めにその板を寝かしてキャスターへの台本をキチンキチンと流している、そしてそれをレンズへのカメラ目線外さずに読んでいる。
それを眺めている当方らは、
『大したもんだねえ、これだけの原稿をこん人たちぁ憶えてしゃべってるよ〜なんまいだ』というわけだ。
だが、フランスの大統領選挙ではほとんどプロンプタなしで演説会などが行われているのでいい度胸だと感心している。
ボクにはまた、最近お気に入りの時計があって、そのクロノグラフの作動がよく、
テレビ画面見ながらストップウォッチをやっていたら、ちょうど格好のターゲットがあったので、カチッポチッとやってみた。
そのうち吹き出してしまったのが、このフランス大統領選挙有力候補者の愛国戦線党首、ルペン女史。
とにかくあの女性は何でもかんでも威勢がいい。
威勢がいいという事は、実践と並行していると威勢良くバッサリドッサリと全体主義的な主張をする…なんて芸当は、物理学が同時にこの世にある以上、きわめて難しいことだ。
だから彼女は実践がゼロだから、元気いっぱいでおかしくない。
彼女の政見はとにかく、移民はすべからくダメ、フランを復活させろ『なんだってそれじゃあ、当面経済が混乱する?。だったら「ユーロ」と併用すりゃあいいじゃん』とかなりアッケラカン。
なんだか、面白そうな意見なのでボクは耳を傾け和訳を必死に読んでいるのだが、目立つのはこの人って浅すぎ。見識を相手に説くなんてことがまずできないタイプ。
女子大文化部に多い『キョーサントーみたいな人』だったのだ。
(*諸説あります)
つまり、いろいろな論議を重ねるうち揉まれに揉まれて、出来上がった角の取れた「下流の石」みたいな、すべやかな定見という着地点を結局は教えてはくれないタイプのお方だと思った。
フランスなんて、ホントはどうだっていい国なんだけど、余計な揺さぶりはギリシアじゃないけど、欧州でドンパチやらかすのはちょっと待ってくれなのである。シリアの方がはるかにプライオリがあるのだから。
・・・で、ストップウォッチ片手で気が付いたのは、この人バカなんではないかという素朴な疑問だった。
ボクの場合は、申し訳ないけれど、断り切れぬ『ご挨拶』とか『乾杯』の音頭を人さまから頼まれてしまった際など、しかも高みからものを申し上げる以上、絶対にやってはいけないと肝に銘じていることがある。
それは心にもないことを言う事だ。
つまり、絶対にメモやカンペなどに目をやりながらご挨拶やら感謝などを語る・・・などというのは最初からいけない事だ。
心に思っていれば、それで浮かんだことを順序立てて(これが覚えられない)語ってゆけばそれで通じるのではないか。
坂本龍一という流行歌手が、かつて「3・11東日本大震災」の直後。東京明治公園で開かれた『反原発』大集会で10万ほどの人々に向かい壇上から挨拶をしていた。
つまり、原発をやめて天然エナジーの方向へと転換しようという趣旨のアジ演説だった。
集まった集会の人士らは坂本キョージュという、有名人としては勇気ある(?)「脱原発思想」のディスクロージャに大感動の様子で、わが日本人はあれだけのジンブツのアジ演説だけに、日本メディアではしばらくの間その演説のニュース映像は『日本人の良心』めいたトーンに乗って流れ続けたものである。
カンドーしたなあ、ボクも。一瞬だけ(笑)
だって、その右手には『appleのスマホ画面』、それをキョージュったら棒読みしてるんだもの。ゴムタイな(笑)
そんな内容を語りたいなら「鉛筆にメモ用紙」でしょ、せめて。
そんなんで『新たな、地球にやさしいエナジー云々』つってるんだよ。
どうして、脱原発を目指す門出だというのに、煽動者としてのキョージュがどうして棒読みするの?思想がないの?鉛筆ないの(笑)
それでまたしても残念ながら、引き続き「原子機器」の恩恵にあずかってしまっている旧態依然たるジブン。まさに無念!ソコに気付かぬのかねぇ。
こいつはバカなんだな、なにがソトコトだ(笑)
「脱原発」って、所詮はファッションだったんだな。そう気付いてしまった次第。オレの他にも誰か突っ込めよ。
そのスマホを奪ってだよ、ステージに叩きつけ、
『こんなものに頼ってしまうところから、ボクら自己否定しなかったらアカンでしょ』といったら、会場全体が総立ち拍手でしょうが。どうして黙ってたんだ(同じくゲストスピーカーの)大江健三郎!
ともあれ、ルペンは演説中に『3秒以上顔を上げて、聴衆の隅々へと目を巡回させる事が続けられないブンカジン』だと我が時計は繰り返し物語っていた。
気が付いてみたら驚いたねぇ。
ほとんど、用意してきた原稿を読みっぱなしルペン。
この人の記憶力って、ニワトリ並み?(笑)
それも、目が追っているカンペってのは、人々が初めて耳にするようなキモの統計的数字とか、無駄遣いの細かい金額とか・・・のタグイではない!!??んだからお立合い
「難民との融合など幻想」とか「最後の最後までたたかうつもり」等などの、いわば常套句というか、政治家でなくとも聴衆が先に言ってしまいそうな決まり文句ばかり
本日、投票日前の土曜日、彼女の支持率は31%だというが、それでいてさらにマズいのは、対立候補についての裏付けなしの未確認情報でミソを付け、さらに低下気味だというが、そりゃあそうだろうねえ。
彼女が目を上げて5秒以上、それを目撃できたら・・・、それ以降あなたきっと良いことがありますよ。
写真:愛国戦線党首ルペン『上を向いてしゃべろう』

このCFに惚れてます(関東限定)

東京に住んでいてよかった・・・と思うのは、東京ガスの良いCFを見られる時だ。https://www.youtube.com/watch?v=xg...

このCFが泣けてねぇ、毎週土曜朝の東京ガス一社提供の「食彩の王国」でやってるCFなんだけど、この08:45頃からの『90秒CF』を見たい(そして茶の間で涙、3分間くらい毎回my家族が声詰まらせる)という自虐パターンだけでチャンネルを合わせているほど。
渡辺えり子のも良かったけど、90秒もので約50カットつなぎ合わせるほどの凝りかたは、ちょっと、賞を狙いすぎかな?と思った

だけど今回の作品はいい。
昨年のapple社の「フランケンシュタイン」じゃないけど、メッセージの強いものはいいね。