なんて日だ!

家を出ようとエレベーターホールに向かうと、救急隊員さんが担架に人を乗せて運んでいる。担架の上のおじさん、隊員さんと話しているので、まずは安心。
この建物で救急車の担架に会うなんて、しかも住んでる階で、はじめて。

歯医者さんに行くと、口の中ですごい音がして、口の中、とくに舌の下の血管に痛みが走って、静脈切れたか、ヤバい、救急車か!と思った。
何が起きたかというと、機械が濡れた綿切れを口の中で高速でぶん回していた。
ときどきあることらしいけれど、濡れたタオルを高速でぶん回されたのと同じ。ムチの回りは全部、口の中…。
口の中全部打撲…痛い、不自由。
続く