アニマルセラピー

  • M.Rosemary 公式ブログ/アニマルセラピー 画像1
  • M.Rosemary 公式ブログ/アニマルセラピー 画像2
何年ぶりかで
私が大信頼している
大木トオル先生のアニマルセラピーを見学させていただきました。
前に見学したときは、アニマルコミュニケーションをする前。
今回、アニマルコミュニケーションでわんこたちを見てたら、最初からうるうる。
リーダーの黒いわんこは、最初にみんなの前を回るとき、全員の目を見て、状態を見定めているのです。
わんこは、尽きることのない愛の流れとつながり、そのパイプとなり、ハート全開で、お年寄りに愛をシャワーで注いでいる。
大木先生のセラピードッグたちは、殺処分寸前に救出されてきました。
人に見捨てられたわんこが多いはずなのに、
人をもう1度、信頼している。
辛い思いを知ってるからこそ、セラピーできる。辛い人、悲しんでいる人たちに寄り添える。
わんこにストレスはありませんでした。
愛を注ぐのはわんこの天性の仕事。
わんこたちは、人間に愛の光を配るライトワーカーと確信しました。