金環蝕

明日はついに、金環蝕ですね。
私は、見るかな、起きたら、見るかな


その昔、アニミズム(原始宗教)の世界では、こうした天体イベントは
タブーのひとつでした。
一般の人たちは窓をしっかり閉めて、雨戸があればそれも閉めて、
イベントが通り過ぎるまで、家の中にこもっていたのです。
とくに赤ん坊には絶対見せてはいけないといって、顔を母親の胸に
押し付けさせていたほどです。
その間、シャーマンといわれる人たちは、山に入り、祭壇に向かい、
祈りを捧げていました。

と、いう避けた感覚が残っているのか、最近はあまりこうしたイベントは
見なくなりました。とくに、流れ星ショウは。
見なくても、心身は充分影響受けてますしね。

ただ、あしたは、金環蝕の日のブレスを作ろうと思っています。