渡り鳥2

ずっと前、
北海道の知床半島の海沿いの道…低い丘?というか緩い崖ぎわの道を走っていたとき、長いこと、幅2メートルもある大きな猛禽が、私の目と同じ高さの位置を並走してくれたのです。
それを獣医の先生に告げると、仲間だと思ったんだよ、と。
フリーダンスの会に参加していたとき、ヒマラヤ上空を渡る風になった気がして、とても楽しい気分になったことがありましたが、大きなアネハヅルは、ヒマラヤ越えをするのです、6000メートル級です。
前世の記憶?!
私って、渡り鳥?猛禽?

それにしても、ワタリは泣けます。津軽海峡を渡るヒヨドリのけなけなワタリのバックに、津軽海峡冬景色〜が流れたときは、号泣でした。
オススメです、ワタリ映像。