#討ち入り

  • M.Rosemary 公式ブログ/#討ち入り 画像1
  • M.Rosemary 公式ブログ/#討ち入り 画像2
今日は、#赤穂浪士 、#四十七士 の討ち入りです。
本当は、旧暦ですから、寒い2月の中旬くらいになりますね。


新橋から虎ノ門に行く途中、日比谷通りとの交差点は、もとは #田村町 の交差点といいました。

(私と #タモリさん といっしょで、町名変更、反対! 歴史や文化や過去の地形が見えなくなる〜)

由来は、#田村右京太夫 の屋敷があった土地だから。


赤穂浪士のお殿様である浅野のお殿様は、田村家で切腹をしました。


赤穂浪士は討ち入りののち、田村家、#松平家 など、いくつかの大名の預かりとなり、大名屋敷で日々を過ごします。

赤穂浪士についてはみな同情的であり、理解もあったので、預かりの日々は贅沢な食事を用意してくれたのだとか。


#田村右京 は、#大石内蔵助 らを預かりました。

四十七士は2月4日、全員が切腹。


わが屋敷内で山ほどの人が切腹するとは…。
屋敷全部を俯瞰で見て、その様子を書いた絵がありますが、すさまじいものです。


私の祖先にも四十七士がいます。
祖母の母親の生家です。岡嶋といいます。

カレンダーのこと

  • M.Rosemary 公式ブログ/カレンダーのこと 画像1
#13の月の暦 では、きのうから6月になりました。

いつも、#府中競馬場 に #ジャパンカップ というレースを見に行って、そこで、来年のグレゴリオのスケジュール帳とカレンダーを買うのですが、

今年は行かなかったので、タイミングを見つけて、どこかに買いに行かないとなあ、と思っていました。


すると、毎日、芝のほうに自転車で通っているのですが、
新橋の #エクウス (#JRA のアンテナショップ、今は #gateJ という名前になってた) の前をたまたま通り、
閉店間際のスタッフさんが片付けをはじめているところで、手帳が買えました!

カレンダーは雑誌社のものがなく、

やはり芝に行く途中、あるとき、あ、そぅだ!と思い付き、汐留の #JRA WINS に行って、
買うことができました。


手帳が買えた日は、私の13の月の暦で260日に1回巡ってくる #銀河の誕生日 、

たまたま、カレンダーが買えた日は、
私の今年生きる紋章、#黄色い太陽 音5 の日だったのです。


スケジュール帳やカレンダーはやはり、
私の誕生日などにきちんと贈られてくるのですね。


実は私たちは、毎日、毎瞬、たくさんのプレゼントを贈られているのではないかと思います。
それに気付くか、受け取っているかは、別として。


ところで、私にはひとつ、悔いがあります。

カレンダーや来年の新年用の年賀状、来年の手帳、
そうしたものを誰かにオクロウト買ってきたときは、
もう少し楽しみにしてもらおう、いつ見せようかな、なんて思わず、すぐ見せるのがいいのです。

そうしないと、その方は見ることができない、かもしれないからです。

そうしたものは、来年へのパスポート、時間のパスポートなんだと思います。

私の誕生日にそうしたものがきたのも、天が時間のパスポートを送ってきてくれたのだと思います。

人の家のお片付けばかり

  • M.Rosemary 公式ブログ/人の家のお片付けばかり 画像1
去年の夏は、ソウルメイトの家を暑いさかりに冷房もなく、2か月かけて片付け、

今は母親の家に電動ベッドを入れようと片付けています。

自分のところが片付いていなくて、冬のうちに片付けようと思っていたのに。


こういうの、スピ的にいうと、
人の世話などできないくせに、人の世話をやいて、自分の面倒も見られない人、
ということになります。

が、私はちょっと、違うように感じています。

私の場合、身内との縁が少ない、濃厚でない人が、
現在の私も含めて、周りにいる、ということなのだと思います。

これからは、家族だけでべったり密着して、他と付き合わない人、
その反対に、身内の少ない人、
その両方が増えていくと思います。

身内の少ない人の生き方、考え方、どうしていくか。

私は、そちらを見ているような気がします。

一切の体験は記憶されている。

  • M.Rosemary 公式ブログ/一切の体験は記憶されている。 画像1
と、感じています。
それはある体験からです。

ときどき、夢に出てくる景色、
四角く区切られた水辺…
変わったかっこうです。
自分の想像では出てこない形、風景…。

あるとき、新幹線に乗っていたとき、わかりました。
新幹線で、一瞬見る景色なのです。

私の #潜在意識 は、それを珍しいもの、と感じて、ときどき、夢に出してきたのかもしれません。


写真は、#築地魚河岸 、#海幸橋 に使われていたものです。

これの前を自転車で通り過ぎた瞬間、記憶が甦りました!

昔、ここに川が流れていて、海幸橋があったとき、橋の両側、あちら側とこちら側、合わせて4本のこのランプ、(名前はなんというのだろう)街灯ともなる柱が立っていたのだ!と。


そんないろいろな体験から、
#人は体験のすべてを記憶している
と感じるようになりました。

深川の神社で大事件が起きた!

  • M.Rosemary 公式ブログ/深川の神社で大事件が起きた! 画像1
#深川 の #富岡八幡宮 といえば、名だたる神社。
私もよく行きます。

神社の前にいると見えず、存在さえ知ることがないかもしれない、
隣の庭にある弁天さんが好きです。

しかし、きのう、大事件、大不祥事、不祥事では済まない、刃傷沙汰があったのですね。

こんなの、あっちゃ、いかんでしょ。

まぁ、こうして、目に見える形となって、いろんなものが整列してゆく、
その役となったのかもしれません。


きのう、ある方とお話したのですが、
この方とご主人は、日本のスピリチュアルショップの先頭を歩んできた方たちです。

その方が、
「やはり、正直にやるしかないわよね。どんどん、変化が早まっている」と。

私も最近、正直に、誠実に、自分にウソをつかず、やるしかないこと、
それにおいて、自分はちゃんとやってきたな、と、そこだけは思えること…
と思っていたのでした。

自分にウソをつかない、
というのは大事なところで、自分にウソをつかずにいると、いろんな皮がハラハラとめくれて、あとからちゃんとわかってくる、というところがあるのです。

ウソつくと、皮が厚くなり、厚くなり、どんどん、わけわかんない方向に行くのではないか。


話戻り、
私はみなさんの #マイ神社 (#ウブスナ #産土 )を出しています。

自分含め、3人が私のマイ神社などを出しているのですが、
ある方は私の仕事の神社に、#深川の富岡八幡宮 を選びました。

立派な神社ですし、お参りにも行きましたが、ピンとこなかったのは事実。

11月のお酉さまに3人で行くが、3人にとってOKなところはどこか調べたときも、
富岡さんのお酉さまは出なかったですね。

うちから富岡さんの神様にご挨拶し、ご苦労、ご心労をねぎらおうと思います。

「神前を汚す」という言葉がありますが、神前は汚れても、神様が汚れることはありません。


写真は、#東京タワー はなんでも知ってる。

仮HP https://shi-dobe-ginza-sea.jimdo.com/

https://shiawasejuice.jimdo.com/