Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。3

  • M.Rosemary 公式ブログ/Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。3  画像1
再び、まとめからです。

アタマは不安や心配や感情に使わないこと。
アタマは、コンピューターのように、演算するために使うこと。


何か思ったとき、

私は○○と考えている。
私は○○と思っている。
私は○○と感じている。

この3つのどれにあてはまるか決め、
上記のように、心の中でいう。

自分が客観視され、
思考や感情を自分からふわっと離し、
距離が空けられます。


これをしばらく続けたあとは
(私は数ヵ月やっていました)

「私は、○○と考えていることを認めます」
(あるいは、受け入れます、とか)

「私は、○○と感じていることを受け入れます」
とか付けることをはじめました。

これもひと月はやっていました。


そしてさらに、次は、

これがポジティブなものであれば、
受け入れて、あるいは、認めて、終わり。

ネガティブなものであれば、

方法は2つあるので、選択。

1
自分に質問。
「これをすぐに手放したいですか?」
イエスなら、
手放します。

このとき、手をぎゅっとにぎってから、
ふわーっと開いて手放すイメージをするとか、

感情なら胸、思考ならアタマに手を当てて、手放すイメージをしながら、
ふわーっと手を開くとか、

します。



もうひとつの方法は、
そのネガティブな思考や感情は、
体のどこにあるか、観察します。

ありかがわかったら、そこに手を当てます。
手の温かみが伝わるほどに、
そこにあったネガティブは、溶けて消えます。

私は2が好きです。




Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。2

  • M.Rosemary 公式ブログ/Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。2  画像1
前回は、
アタマは不安や心配や感情に使わないこと。
アタマは、コンピューターのように、演算するために使うこと。

ということを書きました。


そして、自分が何か思ったとき、

私は○○と考えている。
私は○○と思っている。
私は○○と感じている。

この3つのどれにあてはまるか考えました。


考えている、は思考のこと。
感じている、は、肉体感覚としました。


やっかいなのは、「思う」。

英語では「思う」は「think 」だと習ったけど、
これ、思考にとても近いんじゃない?

日本語は、いつでも、見えない主語、
「私」が隠れてる。

さてさて、
「考える」
「感じている」

よくわからないところが、
「思う」


アタマの中のモノに必ず
コレを付ける、ということをしばらく続けたあと、

次のフレーズを付けました。

「私は、○○と考えていることを認めます」
(あるいは、受け入れます、とか)

「私は、○○と感じていることを受け入れます」

とか。
そんな感じに。

で、まだ続きます。



Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。1

  • M.Rosemary 公式ブログ/Re:メンタルは 人工知能。アタマを思考 以外に使わないこと。1   画像1
最近、タイトルのことを意識して生活しています。

#アタマは不安や心配や感情に使わないこと 。
アタマは、コンピューターのように、演算するために使うこと。


これを意識するとかなりラクです。

アタマで不安などを感じたら、それをやめます。

コレ、けっこう、いいと思います。


今よりだいぶ前から、
以下のことをしていました。

何か感じるたびに、これは

私は○○と考えている。
私は○○と思っている。
私は○○と感じている。

この3つのどれにあてはまるか考えました。
分けづらいものがあります。


自分で決め事を作りました。

考えている、はわかりやすいです。

感じている、は、肉体の感覚としました。


続く。

ホームに、白杖をもった方がいるのに。

  • M.Rosemary 公式ブログ/ホームに、白杖をもった方がいるのに。 画像1
最近は、電車から降りる人がいても、
人は意地でもどかない。

降り口を知らないときなど、人の間を力づくでかき分けないと、降りられない。

降り口にいても、乗る人がラグビーみたいにぶつかって、押し退けて、乗ってくる。

なんじゃこりゃ?!


先日は、ホームに白杖をもった方がいて、
電車が着き、
彼は電車と平行に歩いて、
乗り口を探していたのです。

そこを、人々がその人にぶつかり、
押し退けるようにして、我が道を行くのです。

私は、声をかけようかと一瞬悩み、
次の瞬間、
その方は3人の男性に押し退けられ、
こづかれたときのように揺れていました。

転ばず、無事ドアを見つけて乗り込むことができ、
かろうじて、幸いでした。

ひどいよ、日本人。
ハジだよ。

お空に上るとき、わんこ雲、にゃんこ雲が出る

  • M.Rosemary 公式ブログ/お空に上るとき、わんこ雲、にゃんこ雲が出る            画像1
前も書きましたが、
また、#わんこ雲 、#にゃんこ雲 のことを書きます。

#アニマルコミュニケーション をはじめるようになってから、
見るようになったものです。


わんこやにゃんこのたましいが肉体を離れたとき、
2、3日のうちに、そのわんこやにゃんこにそっくりな雲を見ることが多いです。

そのわんこやにゃんこにそっくりな雲が、
意気揚々と、大空を走ってゆくのです。

大きなわんこは、「 #モモ 」に出てくる相棒みたいな感じです。

あー、よかったな、無事、元気にお空に昇っているな、と安心します。


旅だってすぐの #アニマルコミュニケーション では、
まだ、この旅の途中なのでしょう、

彼らからは、
ありがとう、
楽しかったよ、
みんな大好きだよ、
といった感謝の言葉が中心です。

ひと月ぐらいすると、
いろいろな質問にも答えてくれるので、
どこかしかるべきところに着いたのだろうな、と思います。


お空に行ったわんこにゃんこときちんとお話できるのは、
せいぜい、5年です。

そのあとは、スピリットのバケツに返り、「個」の感覚が薄れてくるように感じています。


寿命の長い動物だと、
5年より先まで、長くお話ができるのか、これはまだ、試したことがないのでわかりません。


ちなみに、
知っているコはみんな元気なときに、
空にわんこ雲、にゃんこ雲を見るときは、
私の会ったことのない
わんこやにゃんこだの
これまでの生を祝福し、感謝を伝えます。


まだ鳥ちゃんやウサちゃん雲というのは、見たことがないのですが、
そのうち、見つけられるようになると思います。