その時、、、

  • 日下部慶久 公式ブログ/その時、、、 画像1
  • 日下部慶久 公式ブログ/その時、、、 画像2
  • 日下部慶久 公式ブログ/その時、、、 画像3
さてさて、長くなりそうだったのでさっきは一度切りました。




昨日オイラが観た舞台とは。




『ウィズーオズの魔法使いー』




そう。
現在東京国際フォーラムにて上演されているウィズを観てきました。




テレビで放送していたオーディションの課題曲を生で聴いてみたいという好奇心。





さらに、ホームページで知った豪華なキャスト陣。




その中にはオイラがダンスをやってみたいと思うきっかけになったDA PUMPのISSAさんやメンバーのみなさん。




そして、ドラマ名探偵コナンー工藤新一への挑戦状ーでご一緒させて頂いたことのある、オイラの憧れの俳優の大先輩、陣内孝則さん。

など、
オイラの大好きな方ばかり!!





観に行くことに迷いはありませんでした。




うん。
チケットが発売されるずっと前から楽しみにしていた舞台。




会場に向かう前からテンションアガりまくりで会場に着いた時には遠足にきた小学生くらいワクワクしてました(笑)




ちなみに、一昨日の夜は楽しみ過ぎて深夜4時くらいまで眠れなかったのは内緒です(^_-)-☆




そして開演。




目の前で繰り広げられるパフォーマンスに圧倒されっぱなしでした。




出演者の方の素晴らしい歌声。
息のあった迫力のあるダンス。
個性的なキャラクター。

ドロシーを中心にかかし・ブリキ男・ライオンの4人の仲の良さが伝わってきました(・∀・)


ウィズの迫力!キャラクター!!全てに引き込まれました。




そして、観客までをも巻き込むステージは出演者各々が立ってきたステージを活かしていて、とても楽しめました。





役者の個性を重視して、台本を何度も書き直したという宮本亜門さんの演出・作品へのこだわり。



まだまだ未熟者のオイラだけど、このステージに立ちたい!ってめっちゃ思った。





ラストシーンでは涙が自然と溢れてきて(。・・。)





出演者の歌やダンス、お芝居から放たれたパワーに圧倒されつつも、いつか同じステージで一緒の作品に参加したい!っていう新たな目標ができ、


スゴく元気とパワーをもらえた舞台でした。




宮本亜門さんのインタビューなどでおっしゃっていた「今の日本だからこそ」の意味が分かった気がします。





舞台がスゴ過ぎて、勉強するつもりが夢中になっちゃってたのに気づいたのは帰りの電車の中でした(。・ω・。)




って、気づいたらめっちゃ長文(゚o゚;




それだけオイラの中で大きな作品でした。




ここまで長々と読んで頂きありがとうございます。




ほにゃ(の・ω・り)