野山を駆け回る子供達−シシャパンマ南西壁登頂日まであと25日−

  • 栗城史多 公式ブログ/野山を駆け回る子供達−シシャパンマ南西壁登頂日まであと25日− 画像1
  • 栗城史多 公式ブログ/野山を駆け回る子供達−シシャパンマ南西壁登頂日まであと25日− 画像2
  • 栗城史多 公式ブログ/野山を駆け回る子供達−シシャパンマ南西壁登頂日まであと25日− 画像3
ナマステ。

久しぶりにブログを書いております。最近はフェイスブックやツイッターばかりで、ブログ更新から遠ざかっていました。そのツイッターやフェイスブックも口数が減っていました。日本を出発するまでは・・・

今、僕はネパールの首都カトマンズにおります。あのシシャパンマ南西壁に再び向かうためです。
 
昨年のエベレストから帰国後、毎日走り回っていました。中国、台湾、アメリカ、韓国と日本以外にも飛び、「冒険の共有」を実現するために「地上の山」を登り続ける日々。

しかし、「地上の山」は険しく、自分を追い込んで行くだけの日々でした。夜にトレーニングをしても力が入らず、いつの間にか誰かと笑うということも忘れていた。身体が重く、不眠も続き、あきらかに不調だった。

かといって身体のここが悪いということもなく、知人に勧められて病院に行くと「軽度の鬱ですね」と診断された。

考えてみると、あれだけ好きだったツイッターの呟きも減り始め、しばらく冬眠に近い状況になっていた。

「見えない地上の山」の頂は見えていた。だが、いつの間にか、登ったら登りきるしかない状況に置かれ、自分で自分を追い込んでしまっていた。それだけ地上の山は大きかった。

だが、実際のヒマラヤの山もこの地上の山も、両方を登ることが僕の山であり、誰もまだ到達はしていない。

両方の山を登る。それこそが自分が求めていた世界。

毎日、企業を周り、講演で全国を飛んでいても、身体だけはシシャパンマの壁を意識していた。

そして、気がつくと今、実際にカトマンズにいたのだ。

なぜシシャパンマ南西壁に再び向かうのか?エベレストだけに集中すればいいのではないか?頭で考えても出せない答。やはり本能なのかもしれない。あの身体のリズム。細胞の一つ一つに命を感じる。そして、鋭く強い太陽の光と氷の壁。登りたい。その気持ちが勝っていた。

資金的にも身体のことも考えれば、エベレストだけに集中すればいいのかもしれない。周りから「アイツはまるで子供だな」と言われているようにも感じていた。それでもいいと僕は思っている。僕は決して大人になりたいとは思わない。子供のように夢を追いかけ、転んで怪我をしても再び立ち上がる。そんなな生き方をしてきたい。

シシャパンマの頂に立った時に、更に成長するだろう。大人としてではなく、目を輝かせた子供として。

ヒマラヤの野山を駆け回ります。

ナマステ。


【写真1】来ました。カトマンズ!!

【写真2】プジャという登山の安全祈願を行う。ベースキャンプでもプジャを行うし、ヒマラヤはまるで神様と対話しているようだ。

【写真3】動画配信を行う栗城隊との打ち合わせ。昨日から3人が軽い食中毒。いつも行く蕎麦屋だったが、ここには安全神話というものはなかった。

 
  • コメント(全6件)
  • yonoi 
    5/2 22:40

    栗城隊長!ブログありがとうございます!今は涙で…いっぱいです。栗城さーん!大好き!
  • 明* 
    5/2 22:43

    共感!
  • 千花@ヽ(´▽`)/ 
    5/2 23:01

    ☆☆☆ネパ―ルも大好きです(^。^)早く良くなりますように☆☆☆
  • じろべえ 
    5/3 00:58

    仕事をしている以上、たぶん皆軽く鬱です。
    気にせず参りましょう!!
    大自然が治してくれますよ(^.^)b
  • あゆむ☆(お休み中) 
    5/3 05:57

    おはようございます


    私は…そんな栗城さんだから好きで応援したく成りま

    講演を聞きに言ってサイン貰って楽しい話に栗城さんの笑顔は忘れません


    自分を追い込み過ぎて病気になったら困るけど
    わなくなると本当に病気になるよ

    今はカトマンズの自然に触れて
    っと元気でましたね


    自然体

    応援してます


    ナマス




  • yonoi 
    5/9 00:25

    栗城隊長!シシャパンマ!応援します!
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)