無になって(エベレスト登頂まで15日)

ナマステ。
久しぶりにブログを更新します。

 先週は地震の影響でクレバスが開き、セラックは崩壊し、ホワイトアウトの中、キャンプ2へのルートを探しまわりました。

 幅10m以上のクレバスを渡るために右に行ったり、左に行ったりと動き回りましたが、天候がどんどん悪くなる為に一時下山しました。

 下山してから数日、低気圧が停滞しているために昨日まではベースキャンプに入ってから一番の悪天候周期でした。

 もし、僕があのままキャンプ1に留まっていたら下山はできなくなり、昨年のような悪夢の4泊5日をキャンプ1で一人過ごすところでした。

 景色を見れば心は落ち着きますが、昨年は真っ白な景色が24時間続き、あまりの寂しさからお菓子に話かけてしまいました。


 でも、一人で登っていても快晴の山頂が見えていれば、いつまででも耐えられます。「目標」というものが孤独を消してくれるものだと感じました。

 モンスーンという雨期が、今日で終わります。モンスーンが終わるということは、天気が良くても寒くなるということです。今日から好天気が続き、明日から再び登山開始です。

 ヒマラヤの風は冷たいです。でも、限りなく「無」に近い風です。

自分の心中にあった様々な想いも全てヒマラヤの風が洗い流し、「無」になって登って行きます。

ナマステ。


キャンプ1に向かう途中のセラック、ここを縫うように登ります。



キャンプ1の自分のテントが雪で埋まっています。雪がすごい。



翌日、キャンプ1からキャンプ2に向かおうとするが、巨大なクレバスが足を止める。ここに昨年はスノーブリッチがあったが、今はもうない。
地震の影響で一回目の荷揚げと比べても、地形がかなり変わりました。



今日はベースキャンプに雪崩が来ました。大雪の翌日は雪崩曜日です。