苦しみを喜びに変えるために

 木野さんが、突然このベースキャンプからいなくなってから3日。いつもダイニングテントの入り口近くで、座ってご飯を食べていた木野さん。またすぐ戻ってくるのではないだろうかという思うぐらい、未だに信じられません。

 高度障害の様子もなく、決してクレバスがあるような危険な所でもなく、ベースキャンプから散歩をするように出かけ、わずかな距離の所で空を見上げて倒れていた。

 あれから3日が立ちました。カトマンズでは隊員の門谷さんと関係会社の社長、事務局のスタッフが対応しております。ヒマラヤでの事故は、大きな外傷以外は司法解剖され、死因が特定されます。しかし、それはご遺族の意志があってできることです。「なぜ?あの熟練した経験の木野さんが・・・」という思いと悲しみが、まだ心の中に残っています。

 しかし、いつまでもここにいるわけにはいけません。今後どうするのか。木野さんなら何を望むのかを決める時が来ました。

 昨日の夜に残っている隊員と話をしました。ここにいるベースキャンプの人達全員の気持ちは一つです。「木野さんと一緒に登ろう」。

 後ろを向いて登るのではなく、前を向き、上を向いて登る。山男の木野さんなら「いつまでベースにいるんだよ」とダイニングテントで言っているように感じます。

 頂上が見えなくなっていたこの3日間。再び、僕は頂上を見上げます。そして、向かいます。天に一番近い所に、木野さんの魂を持って上がる。それが木野さんへの供養になることを信じています。

 明日から、登山再開です。ツイッターも動画も生中継も再開し、「EVEREST SHARE」が始まります。苦しみも喜びもシェアする。それが冒険の世界なのだと改めて感じました。でも、その苦しみを喜びに変えるには、「登頂」するしかないです。

 皆さん、応援宜しくお願いします。

 
  • コメント(全12件)
  • あゆむ☆(お休み中) 
    9/18 21:58

    本当に
    れが供養に成ると思います


    心の中は苦しいと思います

    を向いて下さ


  • LINKIN PARK!! 
    9/18 21:58

    頑張ってください


    僕は応援することしか出来ませんが日本中の人々があなたのことを心配していま

    どうかご無事

  • YYK-HIROPaPa 
    9/18 21:59

    計り知れない苦しみや悲しみを、喜びに変えて下さい

    応援しています。

    登頂を、心より信じております。

    どうか、ご無事で。
  • ゆぴ♪ 
    9/18 22:07

    私も、木野さんはやめること望んでいないと、私も思います


    栗城さん、立ち向かいましょう。
    応援してます

    でも無理をせず、必ず生きて帰ってきてください。
    日本で待ってます。

  • ずっきー(NOLIMIT!エベレストシェア中) 
    9/18 22:08

    栗城さんとシェアする皆がこの言葉をどれだけ待ちわびたことか

    皆の思いは一つです

    きっと木野さんが守ってくれるはずですから、精一杯楽しんできて下さい

  • なちこ 
    9/18 22:18


    栗城クン、頑張


    きっときっと守ってくれる

  • Sakura*゚ 
    9/18 22:31

    応援していま

    無事登頂されますように
    祈っておりま


    供養されますように
    心より祈っておりま
  • ママちゃん(装具に慣れました!) 
    9/18 22:54

    悲しみを糧として…前向いて登ってくださいますように…

    でも…無理は厳禁です

  • いずみ 
    9/18 23:30


    てっぺん目指



  • ゾロ 
    9/19 00:21

    応援してますので頑張ってくださ

  • †オリ―ブ†イベお仲間に☆感謝☆ 
    9/19 02:17

    私も自分の人生の山を本気で登ろうと決意しました。やっと長いトンネルを抜けたところです。自分の足で一歩ずつ前進したいと思います。いつも勇気をありがとうございま
    応援しています。
  • 晶やん☆彡サン 
    9/19 23:28


    私は、人生のクレパスに理不尽に突き落とされた。

    けれども、決して屈せず、決して諦めず
    そして…亡き親友との約束を果たし、
    今がある。

    遺志を意志に変えた


    気付いたら8号目まで登っていた

    全人生を賭け
    自主学校を運営している。
    参加して8年目だ。

    息子の人生の頂上〜シュタイナー学校12年生卒業まで支え挑み続ける。


    頂上からは息子自身の人生
    その頃には息子は、世界ぜんたいを意識して見るチカラが着いているのだろう。
    そして何処へ進むかは息子自身が決める
    一人立ちは、こどもから預かっていたいのちをこどもに返すこと。


    だから私は頂上を諦めるわけには行かない。


    自分の人生と
    栗城さんの今が重なります


    挑んでください。
    決して諦めてはいけない。
    必ず達成する
    貴方の魂にはまばゆいひかりがあります
    貴方は世界を照らすひかりをまわりに感じさせる人です。


    だからこそ
    応援しています。


    山男に憧れる息子たち、この秋八ヶ岳赤岳登山に再び挑みます。





  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)