「ライフ ―いのちをつなぐ物語― 」(登頂まであと23日)

ナマステ。14日ベースキャンプ出発!を予定し、朝から日が暮れるまで通信インフラ設営のために動き回っております。

 エベレストから生中継を実現するためには栗城隊全員が一丸となって、ベースキャンプから中継。プモリのハイキャンプ(プモリベースキャンプで一番高い所)に中継用のテントを張り、何度もテストを行う。ゴラクシップでは3Gの電波があるので中継は簡単だが、ここベースキャンプからは衛星を使用するため何度もテストが必要なのだ。
 明日の出発に向けてテストを繰り返すが、まだ完璧ではないので出発を15日に変更することになった。天候は昼から雪が降る毎日だが、夜は映画を見てリラックス。

 昨日、食堂テントにスクリーンを立て、プロジェクターでドカン!と見た映画が、「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」。隊員みんな、寒さで手足をこすりながらの上映会。動物のネイチャードキュメンタリーで「アース」や「オーシャンズ」など見たことがある人もいるかもしれないが、この映画は動物目線で驚く映像が沢山出てくる。僕もこのBCC製作のネイチャードキュメンタリーが好きで、ライフの監督とも対談をさせてもらった。

 ヒマラヤは、動物が少ない。それだけ過酷な環境だということだが、そんな場所で動物の家族愛などを見ているとお家に帰りたくなってくる。山は登っても人間が生きてく世界は地上なのだ。それを感じさせてくれる映画を久しぶりに見た。日本でも上映しているので、是非見てほしい。ベースキャンプを出発したら映画なんて見る事はできない。明日は何を見て出発の日を迎えようかな。

ナマステ。


「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」http://onelifemovie.jp/index.html


キッチンテントで上映会。とにかく寒いです。こんなに寒くて標高が高いところでも、良く頑張るEpsonのプロジェクター。



ライフのチラシ。是非、ご覧下さい。孤高の世界とは違い、暖かくなります。

「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」http://onelifemovie.jp/index.html


ベースキャンプには観光客が訪れます。イスラエル人がパンダの帽子を被ってやって来ました。こちらの鳥人間(マン•サーダー)も負けてはいません。パンダと鳥は警戒しあっているのか、あまり会話をしようとしません。
こちらもライフです。世界は繋がっています。



--------------------------------------------------

〈事務局からのお知らせ〉
● 9月14日(水) 21:00〜21:54
先週、テレビ東京で放送された栗城出演の「カンブリア宮殿」が、BSジャパンで再放送します。是非ご覧ください。