モントリオールレポート その

  • 窪田将治 公式ブログ/モントリオールレポート その 画像1
英語しか話せないハンさんにゆっくりと解り易い単語を並べてもらいながら映画祭の説明を受けた。

ただ半分も理解できないのだが…

朝飯はココ。
地図を見ながら劇場はココ。
そして舞台挨拶をしろ。
ティーチ・インもやれるぞ
などなど…

あくまでもそんな感じだ。


でも舞台挨拶にしろティーチ・インにしろ俺、英語わからないし…
でも誰か通訳付くんだろう。可愛い子がいいなぁ〜〜


取り急ぎ諸々の説明を受けハンさんと別れた。
てか、また一人ぼっちだ。。。


しょうがないので今日の21:10〜初上映される自身の映画「失恋殺人」の公開劇場を先に見に行こう。
俺は一人、劇場を目指した。


モントリオールの街は来るべき冬に備え道路の工事の真っ盛り。
後で聞いたのだが随分長いこと工事しているらしい。
冬は雪が凄いので夏場しか工事が出来ない。なのでなかなか進まないらしい。。。

そんな事も知らず映画祭の時期までに綺麗にしとけよっ!などど心に思いながら劇場を目指した。

劇場はメイン開場から歩いて5〜10分の距離にあった。
シネコン形式で1フロアに5〜6個のスクリーンがある。
俺の映画は16番、17番を行き来して3日間で3回まわる事になっていた。

劇場に着きパスを見せスクリーンのあるフロアへ。

エスカレーターを上がった目の前に映画際の長テープルがあり、女性の係員が3名ほどいた。

俺はプログラムを開き自身の映画の欄を指差した。

俺「ディス フィルム ここで大丈夫?」

係員の女性はプログラムを覗き込み。

女性「オォ!イエス!」

良かった。間違えてなかった!
初めての地でしかも外国。不安のまま来た場所が一発でOK。

係員の女性が僕の首から下げているパスを見て。

女性「オォ!フィルムメーカー!ペラペラペラペラ…ロスト ラブ マーダー?」

俺「オォ イエス!マイ フィルム!」

女性「ペラペラペラペラ…」

まったく解らないが興奮している様子。

女性「ペラペラペラペラ…」

意味が解らない…

よくよく耳を傾けると。
いつ舞台挨拶する?ティーチ・インは?などと言っている感じ。
あくまでも感じだ。

俺「イエス!」

とだけ元気良く言った。
しかし同じ時間帯に別スクリーンで上映する中田秀夫監督の「インシテミル」が見たかった為…

俺「今日は映画が観たいから明日以降がいいんだけど。」

と日本語で言ってみた。

当たり前だが伝わらない。。。

俺はプログラムを指差しながら。

俺「シー インシテミル シー フィルム」
と言って見る。

女性「ペラペラペラペラ…」

なんでも舞台挨拶してから見ればイイじゃないかと言っている感じだ。
だから俺は。

俺「オォ!グッドアイディア!」

と言った。
そして時間前に戻ると言い残しメイン会場へと戻った。


メイン会場。

会場へ戻ると「BOX袴田事件 命とは」のNプロデューサーが居た。

9月1日モントリオール入りにした最大の理由はNプロデューサーを知っていたからであった。
一人でも知り合いが居ると心強いからねっ!
あと「BOX〜」の高橋伴明監督に会いたかったからねっ!

俺「Nさ〜ん!」
N「あぁ〜監督!」

久しぶりに日本語のわかる方。
ほっと一息。

そして程なくして伴明監督以下、役者陣を紹介していただき、これまでのトラブル話をして楽しんだ。

伴明監督「で、荷物は届いたの?」

そう。

荷物はまだ届かない。。。


つづく