昨晩のthe calendar bar

「死後の世界」

郁子ちゃんのお友達の不思議体験をもとに、スピリチュアルな世界を語る一夜となりました。

看護師の友人が入院中の患者さんから訪ねられ、お礼を言われる。
しかしその頃その患者さんは病院で亡くなった頃だった…。

今では科学とスピリチュアルも相反する関係ではなくなりつつあります。


私の母も不思議体験をよくする人なのですが、やはり病気で亡くなった友人が夢の中でありがとうをいいに来たことがあったとか。
ちょうどその頃、亡くなった彼女が車で自宅に運ばれていて、我が家の前を通った頃だったと後から分かったのでした。

スピリチュアルな世界は、身近なもの、というより、今この世界そのものなはずなのかも知れませんね。