思わず想像…

電話ボックスの陰から、ネクタイをしめながら出てきて男性がいました。

もしかして、スーパーマン…?

想像はしてみたものの、クラーク・ケントの雰囲気ではありませんでした。