ルールと自由とアート

アートは自由でなければならない。

人々はアートに「自由」を求める。
日常で削り取られてしまった「自由」を補完する為に。

自分自身の人生がこれ以上他人のルールに犯されない為に。