微細な振動

歌声は微細な振動となって
あの場所に永遠に留まる

ココアの香りや古い活字の隙間に
ひっそりと留まる

いつの日かその微細な振動は
ふたたび歌声となって
未来の人たちを眠りに誘う