長距離走者の孤独

十代の頃に読んだ小説。
内容は忘れてしまいましたが、最近よくこの題名が心をよぎります。
まさに生きる事を言い当てているようなこの題名。
心地良い孤独。
次の給水地点まであとどれくらいなのでしょうか。