SF

本屋さんに行ったら、小松左京氏の本が面出しされていました。今頃追悼かなと思いつつも買ってしまいました。「果てしなき流れの果てに」

高校時代にSFに傾倒していて外国物よりも小松左京氏のどこか哲学的な時間や精神の感覚に惹かれて読んでいました。

今夜から再読と言う時間旅行ができそうです。

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)