真夜中のボブ・マーリー

最近とても忙しく、しかも高密度なデザインワークや体力勝負の大きな作品が続いているので気分転換にと真夜中に開いていた初めてのマッサージ店へ。
エレベータのドアが開くといきなりピンクの照明と台湾人らしき怪しい笑顔のおばさん。少し躊躇したがあまりにも疲れていたので覚悟を決める。
おそらく6畳ほどの部屋をカーテンでおそらく4つに区切ってある様子。
1番手前のベッドに通されて待機。
ここでやっと聴覚に意識が回り始める。
ボブ・マーリー。
有線かと思っていると次の曲も、
ボブ・マーリー。
そして、
ボブ・マーリー。
結局最後まで、
ボブ・マーリー。

小さく流れるレゲエのリズムとマッサージ、時々聞こえるくぐもった異国の言葉。
濁った気分はいつしか消え去り、まどろみの中の覚醒へ。

マッサージとボブ・マーリーは合うんですね。
いったい誰の選曲なのか…

スタンプカードも作っちゃいました。
また行こうっと。

 
  • コメント(全3件)
  • こだま 
    8/20 23:20

    私も美容院を一回我慢して
    アロママッサージのお店に通ってます。
    気持ちいいですよね

  • こうづなかば 
    8/21 02:00

    アロマのメニューもありましたが、なんだか怪しいのでやめておきました
    マッサージは上手でした。
  • *Rate* 
    8/26 04:51

    素敵なお店見つけましたね
    次は、アロママッサージを体験して報告して下さい。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)