ではもう一冊

求龍堂グラフィックスからもう一冊。「ガレの素描」エミール・ガレの素描集なんだけど、淡く色付けされたスケッチ達。水差しや陶器になったもの、スケッチのままで時を止めたもの。色の濃淡、流麗な線、見てると「あぁ」ってなりますよ。このころの求龍堂グラフィックスのブックデザインも素敵です。

あぁ高松行の準備しなきゃ!