徒然レポ「吉報取りと七夕祭り」

  • 光宣 公式ブログ/徒然レポ「吉報取りと七夕祭り」 画像1
徒然なるままで申し訳ない。 まとまりがないかもしれないけど こないだ感じていたことを記録的に残させてください。 前から行っている気学の吉方取り(次元層採り)。娘と星が同じなので二人で一緒に取りに行けるので、今年から行き始めた。 簡単にいえば気学的に良い日にちを選んで良い方向に引越しをする。 しかし、引越しをするのはおいそれとできないから、10っヶ月最低一回、同じ宿に泊まる。 ということをしている。  そこで今回は6月から平塚に行き始めたのだが、その時に7月に七夕まつりという大きなお祭りがあって、ホテル周辺は車も入れないと注意書きがあちこちにあった。  そこで初めてこの七夕まつりを知ったのだけど、娘の誕生日も七夕だし、「何かいいかもしれない」と漠然と思って、ホテルだけは早目に予約を入れておいた。 平塚周辺の観光をそれから調べていたら、7/6が大磯ロングビーチのプール開きでもあることわかり、これはナイスパッケージだと思い、今回の旅に至った。

祭りに行く。俺は昔から祭りって少し警戒しているところがある。特に大きな生きている祭りは。お祭りとは昔は土地に住む神と対話する儀式だった。なので土地のものに富をもたらし、外からは吸うような力が発するものもあると小さい時に家に出入りしていた祖父のお弟子さんの和尚から習ったことがあったからだろう。娘の誕生日が七夕だから七夕まつりと安易に結びつけて企画してたことに、ちょっと不安があった。 が、今回のお祭りには呼ばれている。と思えた。 祭りに行く前にプールで遊び、いざ平塚の地を踏んだ時に。このお祭りは生きている祭りだと肌で感じた。クタクタなんだが、祭りの中に入ると活気が流れてきて眠気が覚める。 風になびく七夕飾りの吊るしが心地よい音を奏で、八幡様の方へ流れているような気さえする。 呼ばれていると感じた理由のメインはもう一つある 吉方取りをしていると、不思議な現象があるよ、と言われている。行こうとしていると結構頑張らないと行けない状態になったり、又は逆に後押しされているよ
うだったりと。
実際に南の方位をとっていたときは、スケジュール的にかなり頑張らないと行けなくなってみたり、と思えば南に泊まっている時に突然降ってきたやりたい仕事が舞い込んできたり。 今回は朝から不思議なことがあった。 娘が特急電車に乗ることが好きなので、大磯ロングビーチまでの旅程をロマンスカーで小田原へ、小田原からJRで大磯と計画し、07:00 新宿発のロマンスカーを予約していた。 始まりは家を出たところからだった。 荻窪駅までバスで行こうとバス停にいくと 6時台のバスは18分が始発だった。バスは電車の始発に合わせてあるだろうと勝手に思い込んでいて、このままだと間に合わない! と タクシーで行こうかと思ったが、土曜日で車の通りが少ない。どうしようと思って周りを見ていたら、コンビニの前に個人タクシーが止まっているのが見えた。程なく運転手さんが出てきて、手をあげると、近くに来てくれた。近づいてくるとメーターが回送になっていることが分かり、ダメもとで、「荻窪駅までなんですけ
ど」とお願いしてみたら快く行ってくれた。 これで余裕で新宿に間に合う形となった。
新宿につき、ロマンスカーの発車ホームを駅員に確認し、2番線に上ると ロマンスカーがもういたので、自分の号車に乗車し、座席を確認し乗っていて 家族にいまロマンスカーに乗りました。とlineでメッセージを送ると、 「あれ07:00野電車じゃないの?」 時計を見ると06:45 「あーーーーー!」一本早い特急あさぎり、御殿場行きだ。」 この電車は小田原にはいかないので、急いで車掌さんに事情を説明すると 「新百合でおりて、急行で町田までいって、そして乗るはずだたロマンスカーに乗ってくださ」と説明受けて、娘の前でちょっと格好悪いなと内心思っていた。 もちろん「お父ちゃん・・・」とかなり不安の表情を見せる娘 新百合について乗り換えのためホームに降りてみると 様子がおかしい。 人が多すぎるのとみな何かに集中して息を飲んでいる   「07:05分 成城学園にて人身事故 発生したため上り線下り線共に運転を見合わせておりま
す。回復次第、向ヶ丘遊園より折り返し運転となります」と え電車来ないの?んまてよ 次の本来乗るはずだった特急はどうなるんだ? 駅員さんに、自分が、間違えて今ここにいることを、説明し、どうしたらいいか聞いたら
「でもその電車に乗っていたら来れてないですよ」といわれ気がついた もしも間違えずに乗るべき07:00のロマンスカーにに乗っていたら、事故に合い電車の中に閉じ込められ、ここまで来れてないし、気落ちしていたに違いない。 ゾクッとした。 こういうことが、「流れがあるって」やつなんだなと 流れる時間は皆平等にあるけど、その流れに乗っかるタイミングがそれぞれの選択によってかわり、その選択するときはある種カンが働いて選択を毎分している。  吉方取りは、方向にあるエネルギーを取りに行き、足りなくなっている部分にエネチャージして、今まで目に入らなかったこと、聞こえてこなかった事などが見えてくるようにすることだ。と教えられてきているが、まさにこういう事なんだろうなと実感した。 もちろんプールもお祭りも最高だったし、西南地方これから9ヶ月楽しくなりそうだ。

長々とすんません。

 
  • コメント(全1件)
  • yasbey 
    7/10 23:52

    「何か」をしようとする時に「何か」が起こるのは「意味」があって「動かされている」のですね。試されているなら足踏みせずポジティブにいれば「願い」はかなうと思います♪
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)