ああー英会話

6月27日  月曜日
マラウィの公用語は英語です。
マラウィの人々はチェチェワという自分たちの言語も持っており、英語は学校で習います。
小学生の3年生ぐらいから英語教育が始まり、中学校は、授業がすべて英語で行われるようになります。英語が理解できないと、中学の勉強は出来ない仕組みになっているんです。
マラウィでは、学校教育は無料なので全員教育を受けられるはずなのですが、学校に行かない子、いけない子がたくさんいて、英語を話せない人もたくさんいます。
私は、はるか昔、中学と高校で英語を勉強しただけで、このマラウィにやってきました。赤ちゃんが周りの人の言葉を聞いて、言葉を覚えて行くように、私も英語の世界で、英語を毎日聞いていたら、きっとしゃべれるようになるかも、なんて、夢のようなことを考えていたんですね。
それは夢、希望、憧れにしかすぎませんでした!

やっぱり、勉強しなくちゃ話せるようにはなりません!
度胸だけでは通用しないんです。

あと三カ月したら日本に帰るのに、全然話せないなんて、情けない、トホホ。
大体日本の英語教育は、文法重視だからいけないのよ、なんて恨み言を言っても始まらないし、あと三カ月、勉強が好きではない私も、ちょっと頑張ってみようかなぁ、なんて思っている今日この頃です。

   だってね、話が通じると凄く嬉しいんですもの!