読書感想文

5月18日 水曜日
これも昔々の話、
夏休みや冬休みの宿題に、本を3冊読んで感想文を書くこと、なんてことがよくあったんです。
本を読むことは大好きなのに、なぜか感想文が書けません。
どうしてなのでしょう?
今でも読書が大好きで、特にマラウィに来てからは時間がたっぷりあるので、1週間に3冊ぐらいのペースで読んでいます。
ただ、ここはアフリカですから、日本語の本は売っていません。どうしているかというと、海外青年協力隊の寮が私の住むリロングウェにあるのですが、
その寮(ドミーと呼んでいます}には、今までの隊員が置いて行った本が、もの凄く沢山あるのです。
ですから、読む本は図書館で借りるみたいに、寮に行って借りてくるわけです。
ただし、好きなものだけを読む、というわけにはいきません。でもこれがかえって、今まで知らなかった本に出会うきっかけにもなりました。浅田次郎さんの本がそうですね。彼の本は日本ではそれほど読んでいなかったのですが、今ははまっていて、ドミーの本棚を探しまくって読み漁っています。
浅田次郎さんは天才だ!なんてことは思うのですが、感想文を書けって言われたら、やっぱり書けないかなー。
感想文で思いだしたのが13歳になる孫の話
彼も本が好きで、とにかく良く読んでいるんです。そこで、ばーばである私「ねえ、読みっぱなしじゃなくて、何か感想を書けば?」って自分のことは棚に上げていってみたのです。
「だって、おもしろかった!しか思い浮かばないんだもの」
やっぱり、私の遺伝子だーーーー!

 
  • コメント(全2件)
  • Μοмο♪ 
    5/19 09:02

    おはようございます


    私も感想文が書けない人で


    未だに 書き方がわからない私には、今年の夏休みもあるであろう子供の読書感想文が恐怖でたまらない

  • 河野うさぎ 
    5/20 03:00

    感想文、感想文、感想文って手のひらに書いて、それをぐぐっと飲み込んでみましょう!書けるようになるかも。だめ?
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)