ゴールドシップの「オン」と「オフ」

  • 小堺翔太 公式ブログ/ゴールドシップの「オン」と「オフ」 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/ゴールドシップの「オン」と「オフ」 画像2
  • 小堺翔太 公式ブログ/ゴールドシップの「オン」と「オフ」 画像3
初めて現地で観戦した、宝塚記念。

ずっと思っていた事ですが。
ゴールドシップは、
本当にオンとオフが
はっきりとしている馬なんだなぁと。
今日のレースを見て、
改めて思ったのです。


パドック。
フェノーメノが美しい馬体を輝かせ、
でも目の奥に何やら闘志を秘める中…
ジェンティルドンナが、
周回を重ねるごとに気合が入っていき、
岩田騎手を乗せ、小走りになる中…
ゴールドシップは、ゆったり。
一歩ずつ実にしっかりと歩いて、
表情も何だかオットリしているのです。

ゴールドシップが
「オン」になったのは、
本馬場に入った瞬間のこと。
生演奏のザ・チャンピオンにのせて、
大きな歓声が飛んだ大観衆の前。
何度か首を上げ、口を割るようなシーン。
スイッチが入ったような、そんな姿。

いよいよ、レース。
スタートから出ムチも入った(?)か、
内田騎手が気合をつけながら、
前目のレースを「選んだ」このコンビ。
最後は、寄ってきたジェンティルを退け、
渋った馬場を力強く蹴って、
3強対決を制したのでありました。


入線後、競走中は
耳を絞っているゴールドシップが、
ゆっくりと耳を前に戻します。
これも、いつも見せてきた仕草。
(だと、個人的には思ってます 笑)
仕事を終え「オフ」になった瞬間です。

関係者と喜びを分かち合って、
表彰式のため再び芝コースを戻る時。
自分のすぐそばを通った
ゴールドシップの目はクリっとして、
とてもやさしげな表情。

でも、表彰式を横目に芝コースを引かれ、
写真を撮られている時、
小さな声でいなないたのを聞き逃しませんでした。
隠していた感情を露わにしたような、
人間でいえば、誰もいなくなったところで、
ちょっとガッツポーズをしてみる…みたいな。
とても印象的な姿でした。


ゴールドシップも喜びをかみしめる中(?)
行われた、内田騎手のインタビュー。
「今日は、馬がやる気マンマンでした」
「馬は生き物なので…
 今後も走る気になるよう、やっていくのみ」
ずっと付きっきりで寄り添ってきた内田騎手。
馬もそれに応え、しっかりと結果を残した。
素晴らしいレースでした。


ゴールドシップがどんな「オフ」で
そして「オン」で魅せてくれるのか…
秋もまた、楽しみにしたいなぁと思っています。

この日は、いろんな所でパワーをもらいました。
今後の中継の仕事にしっかりと活かして、
夏競馬も頑張っていきます!!

 
  • コメント(全5件)
  • 大映ドラマ命(″しなまゆ″全面支援宣言!武道館でライブ実現へ〜) 
    6/25 05:29

    ゴールドシップ強かったですね(^^)天皇賞惨敗からの巻き返しはオルフェーヴルと同じ〜血統背景からも似ている面があるんですかね(^_^;)さあ頭切り替えて夏競馬お互い頑張っていきましょう!あっとその前に明日の帝王賞がありました(^_^;)レースも楽しみですが、ボンネの誘導馬デビューも楽しみです(^^)
  • milky〜は♪ママの味〜♪コーデルいいね有難うございます♪ 
    6/25 06:29

    人間観察ならぬ 馬監察
    人間が先か 馬が先
    するどいオンオフ使いまで…まるで監察医だね
    翔太さんも又 オンオフ使いがハッキリしてるし出来る人なのかな…(笑)
    この日記を翔太さんに当てはめて 読んでました(失礼しました)
    あっ!
    時々何が?って時が
    あんねんけど 年齢差だか
    気にせずスルーして下さい(^^ゞ
  • жЩild ∞ βutterflyж 
    6/25 14:24



     
    観戦 楽しまれた様ですね〜 


     パワ

     (=^エ^=)v


  • みな 
    6/25 17:51

    ゴールドシップを注目して、TVから瞳をじ〜っと見つめていました。騎手を信頼している顔に見えた
    人ながらも、見ていて馬のやる気を感じました

  • うめにゃωこ(inする時間ありません) 
    6/25 18:41

    前走は、馬にやる気なくて負けたとか…
    今回は、やる気になってくれて、良かった(笑)

    明日は帝王賞がありますが、今日も優駿スプリント!
    現地参戦できないので、テレビ観戦します(^^;)
    翔太さんは現地観戦されるのかな
    大井ナイターは、ナイターの光に反射して目が輝いている馬を買うようにしています(*´艸`)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)