千葉サラブレッドセール

  • 小堺翔太 公式ブログ/千葉サラブレッドセール 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/千葉サラブレッドセール 画像2
【5月17日(金)】
もうほぼ1ヶ月も経ってしまった…
けど、振り返りの意味で…

この日、
初めて競走馬のセリを見に
船橋競馬場へ出かけました。
千葉サラブレッドセール。
早ければ、今年デビューする
2歳馬達が集まるセリなのです。

初めて足を踏み入れた、セリの会場。
場内にはケータリングが出ていたり、
特産品のブースが出ていたり、
よく顔を知っている調教師の方や
馬主の方が普通に歩いていたり…
(セリだから当たり前ですが 苦笑)
会場の雰囲気だけで、すでにドキドキ。


到着したのが、
ちょうどセリが始まるタイミングで、
会場の中で見学していたのですが、
さっきまで目の前で見ていた馬に
ドンドンと値がついていくという現実。
そして、グングン上がる値に、
ちょっと息が詰まりそうになりました。

目の前の馬たちは、
まだ幼いしぐさMAXなのですが、
血統が良かったり、タイムが速かったりで、
驚くような値段がついていくわけです。


この日、一番の高値になったのは、
写真に登場してもらった、
やや濃いめの芦毛の牝馬。
スモークンフローリックの11。
(お父さん・マンハッタンカフェ)
セリの前の展示走行で、1F・10秒7をマーク。
上場馬の中で一番の時計を出して、
1500万円から始まったセリで
ついたお値段は、5100万円でした。

その後の情報では、
どうやら美浦・国枝厩舎に入り、
中央競馬でデビューするようです。
競馬場で見る日が楽しみです。


セリ終了後、市場長である、
社台ファーム・吉田照哉代表のお話がありました。
『(諸外国では)トレーニングセールで
 燃え尽きてしまう馬もいるけれど、
 このセールに関しては、上がっていく馬が多いと思う』
『馬のレベルや調教の技術も上がっている。
 トレーニングセールから
 クラシックに出る馬を出していきたい』
と、セールや上場馬に関しても、
手ごたえを感じていらっしゃるようでした。

今日見た馬たちが、
この後、どのような活躍をしていくのか。
どんな風に競馬場に登場するのか。
しっかりと見守っていきたいと思います。
これもまた、競馬の楽しみ!ですね。