『振り返る』

  • 小堺翔太 公式ブログ/『振り返る』 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/『振り返る』 画像2
前の日記にも書いた通り、
3月29日(金)の放送で
『ほっと@アジア』は最終回でした。


最後の特集は、
僕が取材に出かけてきた、
角居勝彦調教師のインタビュー。
「アジアから世界を獲る!
 日本競馬の挑戦」
と題して、お送りしました。

競馬をご存知ない方にも
少しでもわかっていただけるように
とプレゼンをしたつもりです。
いかがだったでしょうか?


最後にこのような
「キャスター特集」を
組ませていただいている事からも
分かっていただけるかもしれませんが、
本当に温かいスタッフの皆さんに
支えていただいていたからこそ、
自分も『キャスター』でいられたんだと
改めて、感じているところです。

こんな事を書くと、
もしかしたら語弊があるかもしれませんが、
NHKの放送なんだけど、
NHKっぽくない所もあったような。
『これを言ってはいけない』とか
『こうしなくてはいけない!』とか、
そんな事が一切ない番組でした。
(もちろん、常識の範囲内で 笑)

アドリブも沢山ありましたし、
ハリーさんと2人でドラクエの呪文を
連呼したことだってありました(笑)
本当にノビノビとやらせていただいたなと。
番組を支えてくださった、
すべてのスタッフの皆さんには、
感謝してもしきれません。


一緒に進行を担当した、吉井キャスター。
「チェックアジカル」のコーナーでは、
多彩なゲストの皆さんを迎えて、
お話を伺えるという、
とても貴重な経験をさせていただきました。

吉井さんとは、
いつも「作戦会議」をし、
ギリギリまで質問を練ったりしていましたし、
本番が始まれば、さりげないフォローや
進行の手助けをしていただいていました。
本当に感謝×2でございます。

最後の方は、次に何をしようとしているか、
お互いに分かるくらいになっていたので、
(と、思ってるんですけど 苦笑)
このコーナーを続けられないのは、
本当に残念でなりません。

曜日違いのハリーキャスターは、
勝手にライバル?だと思ってました(笑)
ハリーさんの「ナイスワン!」に
テレビの前で何度笑わせてもらった事か。
ハリーさんの熱いパッションに負けないよう、
週の前半をしっかりこなして、
バトンタッチ!とか勝手に思ってました。

最終回も3人笑顔で、
VTRの最中も、笑いあいながら、
まったく悲壮感のない放送ができました。
メチャクチャ楽しかったです!


放送が終わって、お疲れ様会がありました。
解説委員の方やスタッフの方も揃い、
いろいろなお話をさせていただいたのですが、
やっぱり、もの凄い得難い経験を
させていただいてたんだなと改めて思いました。

…だけに。
この番組が無くなってしまうというのは、
自分にとっても「大きな穴」なんです。
本当に残念だし、悔しいし、何より寂しい。
だから、振り返るのには、
ちょっと時間がかかったりして…(汗)

放送でもしゃべりましたが、
この得難い経験を胸に、
次の「何か」につなげるのが、
支えてくださった皆さんや、
何より、一緒にアジアを感じてくださった、
視聴者の皆さんへの恩返しだと思っています。
頑張らなくちゃいけません。本当に。

最後に。
今まで番組を愛してくださった皆さんに、
改めて、感謝の気持ちをこめて。
『最後までご覧いただき、
 ありがとうございました!』


…やっと、更新できました。
書きなぐった文章ですが、そのまま載せます。
さ、これを胸に、次へ…!

 
  • コメント(全3件)
  • milky〜は♪ママの味〜♪いつも お仲間有難うございます(^人^) 
    4/4 14:25

    寂しいですね…ですが とても素晴らしい濃厚な番組でした。 キャスター、スタッフ、視聴者、出演者にとっても素晴らしい番組で勉強にもなるし愉しめました。復活期待してます。皆様お疲れ様でしたm(__)m
  • жЩild ∞ βutterflyж 
    4/5 19:21



    んばん

    (*^m^*) ムフッ

    そんな気はしてましたが…やはり アドリブokだったんです


    現地レポーターの方との
    り取りとかで よく感じました(笑)

    々な方々と出会いありましたが いつか
    接訪ねてみたい場所とか 実際に会ってお話してみたい方はいらっしゃいますか



  • 大映ドラマ命(笙子はコミュ荒しを許さない) 
    4/10 06:54

    翔太さんお疲れ様でした
    央競馬全レース中継で、2場開催時に今回みたいな自分のコーナー?企画?をやれたら素晴らしいんではないでしょうか
    かなか慌ただしい番組ですが、チャンスがあればやってみては如何でしょうか?
    った角度から競馬を伝えられて、新たなファンができるかも知れません
    待してます

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)