【内モンゴル日記・1】ボルーさん一家

  • 小堺翔太 公式ブログ/【内モンゴル日記・1】ボルーさん一家 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/【内モンゴル日記・1】ボルーさん一家 画像2
ということで…
「遊牧民体験記」を
ちょくちょく書いていきます。

番組の放送がまだ先なので、
小出しになっていたり、
核心は隠し気味だったり(苦笑)
する点はご了承ください。


まずは、
今回、お世話になったご家族。
ボルーさんのご一家です。

左から、娘のアニーちゃん。
ご主人・ボルーさん。
青いつなぎの僕(苦笑)。
奥さんのトヤさんです。

1枚目の写真。
意外と普通の格好をしている事に
ビックリされる方もいるかもしれませんが、
イメージされるような民族は、
大事な時(お祭りなど)で着るもの。
普段はカジュアルな格好をされています。

2枚目の写真は、
民族衣装を着て撮影しました。
僕もちゃっかり着させていただいてます。
こちらは、内モンゴルといえば、
おなじみの服装だと思います。


皆さんのゲルに泊めていただきながら、
羊の世話、馬に乗る体験をはじめ、
ご飯のために羊をさばく体験をしたり、
本当にいろんな事を経験しました。

最初のうちは、
言葉も分からず、
元来の人見知りも見事なまでに出て、
コミュニケーションを取るのに
ちょっと苦心しましたが、
最後は「しょうた!」と呼んでくれ、
こんな風に笑顔で写真を撮れるまでに…
それだけでちょっと感動でした。

ちなみに「しょうた」。
内モンゴルの言葉で発音すると、
「しょーらぁー」みたいな感じですが、
向こうでは「まっすぐ」という意味の
言葉にとても似ているんだそうです。
自分の名前が、ちょっと誇らしかった瞬間です。


今、こうやって写真を見ていると、
いろんな事が思い出されますねぇ。
言葉は通じなくても、心は通じるのかも…
そんな経験をさせてくださった、
素敵なご家族でした。

 
  • コメント(全7件)
  • milky〜は♪ママの味〜♪ま心♪感謝♪ 
    8/19 21:57

    私も朝起きて銃でウサギを撃ち 皮を剥ぎ捌いて犬の餌やりから 1日が始まりカルチャーショックで 泣いてしまいましたよ^ロ^; 翔太さん ヤギ捌いて、どうやった
    まっ 共存だしね!って 強気で言ってみた。
    民族衣装綺麗ですね。そして 馴染んでる家族との様子がわかる一枚ですね('∀'●)
  • ☆ココア☆色々有難うございました 
    8/19 23:20

    素敵な体験をなさったんですね

    モンゴルも暑かったのかな
    民族衣装なかなか似合いま


    日本では味わえない世界ですね?
    世界に出ると自分がいかに
    小さいか解りますよね?

    悩みなんかホントどうでも良くなる感じ

    羊をさばいたんですね?

    1つ大人になって帰って来た感じかな?


  • milky〜は♪ママの味〜♪ま心♪感謝♪ 
    8/20 00:35

    アハッ!訂正
    ヤギちゃう 羊やってんね! 失礼しました(-人-)
    羊はバリカンで毛を刈りました。一頭丸ごと皮を剥ぐと狭間3畳か4畳分位でしたわ!
  • きんぎょ 
    8/20 00:36

    民族衣装、とても綺麗です

    翔太さんの衣装は、色合いも素敵

    とってもお似合いで


    私は、うなぎとか魚とかくらいかな…捌くのを見たことあるのって
    翔太さんは、貴重な体験、できましたね

    イタダキマスとは
    命をいただきます。

    翔太さんが話すと、きっと重みが違いますね

  • milky〜は♪ママの味〜♪ま心♪感謝♪ 
    8/21 11:10

    そうだった^ロ^;
    給食の時間や 調理の時間に 食べる前に毎日先生が言ってました
    〈命を戴きます(-人-)〉 これからは毎食時に言おう(@゚▽゚@)
    きんぎょさん、素敵な言葉を思い出させて頂き有り難うございました(^人^)
  • じゅんた 
    8/21 13:55


    良い経験をされたんですね


    私も、モンゴルの方に聞くまでいつも民族衣装なのかと思ってました。


    みんな遊牧民なのか
    思っていたら、街に
    近代的なビルがある
    聞いてびっくりでした。

    羊さばいたんですね

    Σ( ̄□ ̄;


    ど、どうでしたか?
  • 小堺翔太 
    9/2 17:37

    milky〜は♪ママの味♪さん、☆ココア*さん、
    きんぎょさん、じゅんたさ
    コメントありがとうございました

    >>私も朝起きて銃でウサギを撃
    >>皮を剥ぎ捌いて犬の餌やりから 1日が始ま
    >>カルチャーショックで 泣いてしまいましたよ

    確かに、カルチャーショックはありましたね。
    さっきまで目の前で歩いていた羊をさばいて、
    それが食卓に出てくるわけですからね。
    でも、やはり「命をいただく」事がどういう事か。
    身に染みて分かったような気がします。

    >>日本では味わえない世界ですね?
    >>世界に出ると自分がいかに
    >>小さいか解りますよね

    そうですね。
    こんな大草原の前で、自分が何ができるのだろうと。
    言葉で表現をしなくてはならない仕事なのに、
    なんだか自分の言葉の無力や足りなさを感じたり、
    自分という人だったり仕事の面でとても考えさせられる経験でした

    >>イタダキマスと
    >>命をいただきます。

    まさに、そうなんですよね
    「いただきます」の重み。
    今回の経験で、普段そんな事を考えてなかったなぁと
    改めて、こうして僕たちは生きていっているんだよな
    と再認識させられたような気がしました

    >>羊さばいたんですね Σ( ̄□ ̄;
    >>ど、どうでしたか?

    やはり、一番に感じたのは「命をいただく」事に関して。
    でも生きていくためには必要な事で、
    お父さんは淡々と作業をこなす。
    (でももちろん「命に感謝しながら作業をしている」とも)
    あぁ、自分たちが生きるためにしている「食べる」というものは、
    こういう事だったんだよな、と改めて思いました。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)