再開の日・5『また行きます!必ず!!』

  • 小堺翔太 公式ブログ/再開の日・5『また行きます!必ず!!』 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/再開の日・5『また行きます!必ず!!』 画像2
  • 小堺翔太 公式ブログ/再開の日・5『また行きます!必ず!!』 画像3
【4月7日(土)その5】
この日の福島メインは、
OP戦「福島民報杯」。
さらに阪神・中山で重賞。

パドックを見つつ、
レースの時間になると移動。
スタンドから
ターフビジョンでレースを見て、
もう一度、パドックへ戻って…
と、あっちへこっちへ。


ただ、導線がとても良く、
すぐに移動ができる上に、
間に投票所もあるので、
馬券も悩みながら、しっかり買える。

しっかり買える。
しっかり。

…しっかり買いすぎました(苦笑)
阪神牝馬Sは3着・フミノイマージンから。
なのに、悩んで2頭軸にして失敗。
クィーンズバーン、買ってたのに。
(相手は、スプリングサンダーでした)

NZTは、大外れ。

そして、福島のメインは
モンテエン(3着)から。
こちらもやっぱり迷って、
3連複でマークシートを塗ったのに、
それをやめて、馬連にしてハズレ。

本当に馬券ベタです(苦笑)


最終レースもしっかり外し(汗)
初めての福島競馬観戦は終わりました。

しかし、
この再開の日を現地で迎え、
あの再開と再会の空気を感じられたのが、
何物にも代えがたい体験でありました。

福島の競馬ファンの皆さんは、
本当に熱くレースをみていらっしゃいましたし、
場内のモニターをしっかりと見つめ、
中山の最終レースまでとにかく楽しんでいました。


今日の再開は、
現地の夕方のニュースでも大きく取り上げられ、
再開を喜ぶファンの姿とともに、
復興の光として、紹介されていました。

福島の現状を考えると、
競馬の再開というのは、
わずかな前進に過ぎないかもしれません。
しかし、現地の皆さんの姿を見ていると、
そのわずかな前進ですら、一人ひとりにとっては、
非常に大きなものであるように感じられました。

競馬産業の再開が、
福島にとって大きな一歩につながる事を願わずにはいられません。


福島競馬場は、本当に素晴らしい競馬場でした。
春はお花見に、夏はちょっとした避暑に、
秋には、山並みをさらに華やかにする紅葉を見に。
またいつか、足を運びたいと思います。

 
  • コメント(全2件)
  • じゅんた 
    4/29 00:55


    いつも馬券を
    何点?買おう
    いくらまでにしよう

    とか

    決めているんですか
  • 小堺翔太 
    5/13 05:17

    じゅんたさん
    コメントありがとうございます。

    そうですね〜
    何点まで、とは決めていないですが、
    1日いくら以上は使わない、とは決めています
    基本は外れるので、決めておかないと(笑)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)