再開の日・1『やっぱり生で見んと』

  • 小堺翔太 公式ブログ/再開の日・1『やっぱり生で見んと』 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/再開の日・1『やっぱり生で見んと』 画像2
【4月7日(土)その1】
今週末・土曜日には
競馬再開後初の重賞
「福島牝馬ステークス」が
行われる福島競馬場。

その震災後初となる開催に
出かけてきました。


競馬場に到着したのは、
すでにOPのイベントが終わり、
場内にお客さんが入り始めたころ。

いたるところで
お客さんでも関係者同士でも
再会を喜び合う声が聞こえ、
(そうじのおばちゃんと
 お客さんが笑いあっていたり)
指定席券を買い求めるために長蛇の列。
再開は、出だしから熱気に満ちていました。


パドック、本馬場入場と淡々と進み、
ここまで来たら「いつもの」競馬場なのか
と思っていたのですが、
変化があったのが
1Rのファンファーレがなった後の事。
場内の一角から起こった拍手が
自然と全体に広がっていったのです。

待ちに待った、競馬の再開。
そして、目の前のレース馬との再会。
場内の気持ちが一気に湧き出した瞬間でした。


レースはゴール前、
吉田隼人J騎乗のアラビアンマジックに
福島出身の木幡初広J騎乗のドリーミングラヴが迫る展開。
場内からも「木幡いけ!」「差せ!!」の声。
結局、体制は変わらなかったのですが、この声援も熱かったです。


レースが終わり引き上げる馬たちを見て、
近くにいた競馬オジサンが一言「やっぱり目の前で見んと」。
しぼり出された一言には、万感の思いが感じられて、
なんだか、ジンと来てしまいました。

(写真1:1Rのパドック。騎乗合図がかかったところ)
(写真2:1R終了後、馬たちが引き上げていく)

 
  • コメント(全3件)
  • 衣里 
    4/19 07:13

    明日頑張って下さい
  • じゅんた 
    4/21 19:30


    色々な方の
    色々な想いが渦巻い
    いたのでしょうね

    再開でき、再会でき
    本当に良かったと
    思いま

  • 小堺翔太 
    4/25 22:28

    衣里さん、じゅんたさん
    コメントありがとうございます。

    >>再開でき、再会できて
    >>本当に良かった
    >>思います

    まさに、この開催のキャッチコピーに
    「再開」と「再会」という言葉が入っているんです。
    皆さんの笑顔やにぎわいを見ていると、
    その言葉が、ピッタリだなと感じました
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)