悔しさこみ上げ

  • 小堺翔太 公式ブログ/悔しさこみ上げ 画像1
【7月17日(日)その1】
悔しい。
なぜだか、すごく悔しい。

せきれい賞。
東京競馬場の岩手場外で、
ゴールの瞬間を見ながら、
なぜだか、悔しさがこみ上げた。


コスモヴァシュランは、
マクり切れずに、3着だった。
「町田だったら」って声が聞こえた。
う〜ん、果たしてそうなのか。
確かに、もっとガツんとマクって欲しかった
って気もするには、するんだけど…
3連覇の夢は、かなわなかった。

ボスアミーゴ。
盛岡の芝王は、一時期トンネルに入り、
なかなか煮え切らないレースが続いた。
前走で久々に勝ち鞍を上げ、
完全復活を示したかったところ。
あと少し…届かなかった。


2頭の前には、マチカネカミカゼ。
ゴールの瞬間、服部騎手が大きなガッツポーズ。
これが、なんだか悔しかった。
実況の古川さんいわく
“勝利を誇示するかのような”ガッツポーズ。
確かに、見たか!という気迫のようなものを感じた。

コスモヴァシュランとボスアミーゴを応援していただけに、
あのガッツポーズが、悔しさに火をつけたのかもしれない。
さらについでに、なんだかフワフワ走って、
(スタートで伸び上がり、道中もフワフワしていた)
マチカネカミカゼの余裕のある走りっぷりも。


いや、本馬&騎手からすれば、
お前ごときが何を言ってんだ、と言われちゃいそうだけど、
何だかなぁ・・・悔しかったんだよなぁ。

秋のOROカップで再戦はあるんだろうか。
ボスアミーゴは、ヴァシュランは出るんだろうか。
そしたら、また応援したいな。

気がついたら、
キュッとかみ締めっぱなしの口元がジンジンしていた夏の夕暮れ。
やっぱり、
この夏はオーロに想いを馳せつつ、府中に行こうと思う。