強いコとタフなコと

  • 小堺翔太 公式ブログ/強いコとタフなコと 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/強いコとタフなコと 画像2
【7月6日(水)その2】
日野を出て、すぐに移動。

南武線を端から、端まで移動して、
向かった先は、川崎。
スパーキングレディーカップを
見に行ってきました。


写真を2枚。

まずは、勝ち馬・ラヴェリータ。
牝馬にとっては、
酷な58キロを背負っていて、
少しばかり人気を落としたものの、
フタをあければ、
2着に6馬身も差をつけて圧勝。

ちょっと、気の強そうなお姉さま。
あっさり勝っちゃうあたり、
“おみそれいたしました”という感じ。


続いては、4着・トウホクビジン。
ラヴェリータと同じ5歳牝馬にして、
全国のレースを走りに走って、
今回のレースが、77戦目。
(ラヴェリータは、28戦目)
地元・笠松で4日前にレースをして、
今日は、川崎でレースという、
文字通りの“タフネスガール”。

パドックを見ていても、
冬毛ボサボサの時があったりしたものの、
今日は、なんだかいい感じにツヤツヤ。
元気に歩いて、意気揚々。
(これはいつも)

これは…もしかして…。


直線、ちょっと夢を見ました。4着。
でも、スゴイじゃないか。
なんて、タフな娘さんなんでしょう。

とか、感心しているすきに、
来週のレースに出ていたりしそうで、怖い(苦笑)

トウホクビジンからのワイド流し。
また、牝馬の交流戦で買ってみようかな。
去年の続いての冬の大仕事、期待してます。
しかしまぁ、また元気に、関東にも脚を運んでくださいな。


…ちなみにワタクシ、
さらに大きな“ユメ”を求めすぎて、残念な結果に。
リアライズノユメ。
彼女も短距離なら、結構、やってくれるはず!