イタラナイ

  • 小堺翔太 公式ブログ/イタラナイ 画像1
“夏”に“至る”日、
だから“夏至”。


まさに、そんな日。


汗だくになりながら向かった
『デイリーひの』
のスタジオで、原稿を読む。

本番中も
照明の中、無空調のなか、
高幡不動尊のあじさい祭り
の話題をお送りしながら、
額を汗がツツツーっと。

焦る。


無事に本番を終えて、
プレビューをして、
同じスタジオでナレーションを撮る。
前にも一度ナレーションをした番組。
続けて、こうして、
仕事をさせていただける事に感謝…

こちらも無事に終わった。



ヘンな話だけど、
今日は結構、うまくできた
…方な気がした。


いろんな事があって、
毎日、一点集中しているつもり。
けど、たまに“よそ見”する余裕(?)ができる。
前を見つつも、“よそ見”しなきゃならない時もある。


そんな時、何かにぶつかる。

よそ見した方向にぶつかることも、
よそ見の隙に、正面のものにぶつかることも。
自分でこけることもある。


でも、いつも同じなのは
じっくり自分を見直して、
また、進んでいかなきゃならないこと。
そうじゃなきゃ、目の前のモノに追いつけない。



“夏に至った”日の
“いたらない”自分のはなし。