青葉賞

  • 小堺翔太 公式ブログ/青葉賞 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/青葉賞 画像2
【4月30日(土)】
青葉賞は、大好きなレース。
気がついたら、結構、生で見てる。


最初は、東京がリニューアルした初年。
ドデカイ競馬場と、
ゼンノロブロイの真っ黒な馬体が
とてもカッコよく見えたのを思い出す。

ヒラボクロイヤルが勝った青葉賞は、
当日、急に雷が鳴って、物凄い雨が降り、
レース前には、2頭が放馬して、
ナタラージャが故障してしまい…
なんだか、印象に残る一日だった。

アドマイヤの2頭も、
去年のペルーサも。
やたらと印象に残る馬たちが多い。
そして、そんな馬たちをダービーでも追いかけ、
(馬券が買えるようになってからは)
ちょっと、ほろ苦い思いもしてきた(笑)


いよいよ春になっていく季節を感じて、
ダービーに向けて、ちょっとソワソワするレース。
そんな青葉賞、今年も生で見てきました。

今年の応援は、ヴァーゲンザイル。
ゼンノロブロイの同期・ネオユニヴァースの子供。
たまたま見ていた、デビュー戦と初勝利のレースがともにいい内容。
それほど馬体が大きい馬ではないけれど、
パドックでも外目をキビキビと歩いている姿がまた、いい感じ。

…が、レースは7着。
1週目のゴール版前では、三浦騎手が懸命になだめるようなシーン。
珍しく掛かり気味になってしまい、伸び切れず。残念。

勝った、ウインバリアシオン。
実力がありながらも、いろいろ難しいところも同居して、
ちょっと歯がゆいレースが続いていた馬でした。
パドックは、実におっとり歩いていましたが、
ダービーを前に、何かきっかけをつかんだような勝ち方だっただけに
本番に向けて、視界の広がるレースができたのではないか

…と思いつつ、
超スローで
2分28秒もかかったんだよなぁとかケチをつけたくもなりつつ、
(ここ10年で一番遅いんですね)
今年のメンバーが混戦なだけに…とか思いつつ。


帰りの電車の中で、ひとり、
早くもダービーに向けて、ソワソワ(苦笑)
これだから、やっぱり、青葉賞が大好きだ。