またまたカンゲキ

  • 小堺翔太 公式ブログ/またまたカンゲキ 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/またまたカンゲキ 画像2
【2月16日(水)】

もう1週間前になりますが、
さかのぼって、日記を書いてみます。

1枚目の写真は、
“IWGP”でございます。

…そうです。
池袋ウエストゲートパーク。
西口公園ですよ。


今日の目的地は、
公園の目の前の“東京芸術劇場”。
野田秀樹さん、作・演出、
NODA−MAPの第16回公演、
「南へ」を見に行ってきました。

「IWGP」にも出演していた妻夫木聡さんや
蒼井優さんが出演していて、
思えば、翌日にはアカデミー賞にノミネート、
さらに、受賞するような役者さんなわけで。
いいタイミングで、見させていただけました。


前半は、ものすごいテンポで、
まくし立てるように面白いことが起こります。
演者の皆さんも、顔を真っ赤にしながら、
叫び、走り…とにかく、すごい勢い。

ですが、後半に行くにつれて、状況が変わっていきます。
火山の測定所の話なのですが、その“火山”が意味するもの。
前半、笑っていたことも、
実は深い“意味”を持っている事が分かり、
さらに「南へ」というタイトルの意味・・・
いろんな事が、自分の頭の中でつながった時に、
「こうゆう話だったのか・・・」と。
最後はちょっと考えさせられる、かなり深いお話でした。

…今、こうして文章にしようとしてみても、
やっぱり、うまいこと言い表せてないですね(苦笑)
なんか、安っぽい言葉では語りつくせない話だと感じました。


観劇ラッシュは、ひとまず終了。
それにしても、つくづく思う。
役者さんって、やっぱりスゴイ!