わが町

  • 小堺翔太 公式ブログ/わが町 画像1
今日は、
父も出演している舞台「わが町」を
見に行ってきました。

わずかな舞台装置だけでセットもない。
よく見ると、効果音も舞台上で
演者さんたちが展開していて。
だけど、照明や動きだけで、
確かにそこには、街や家があって、
人の生活があるという、
不思議な、幻想的な舞台でした。

物語自体も、凄く大人な感じで、
生意気な感想なんですが
「いろいろな節目で」
「自分がさらに年齢を重ねて」
また見てみたい、
そんな作品だなと感じました。


演じられている皆さんも、素晴らしい役者さんばかり。
その中で、ジョージ・ギブスという
青年を演じているのは、中村倫也さん。
ドラマにも舞台にも、数多く出演されている役者さんです。

その中村さん。
プロフィールを拝見したら、
1986年12月24日生まれの24歳。
比べるのもおこがましいのですが、
私、小堺翔太は、1986年12月9日生まれ。同い年。
自分が生まれてから、
わずか15日後に生まれたのが、中村さんなのです。

舞台上でも存在感のあった中村さんを見て、
さらに実際に、一言二言でしたが、ご挨拶をさせていただいた時も、
オーラがあるというか、物凄くカッコよかった。
(イケメンであるとか、そうゆうこと以外の意味でも)

なんていうか“自分ももっとしっかりしなくちゃな”と思いました。
めちゃくちゃ安易な言葉ですが、本当に。深く。
父の前でも、ボソッとそんなことを言ってしまい、
ハハッと笑われてしまいましたが(苦笑)

 
  • コメント(全5件)
  • 清水優子 
    1/20 03:01

    素晴しいエネルギーを貰えてよかったですね。
  • さいとう 
    1/20 21:36


    翔太くんの
    そうゆう風に受けとめられる真っ直ぐな心は
    素晴らしいものだと思います。
    歳を重ねてもその気持ちは忘れないで下さいね



  • 小堺翔太 
    1/22 10:10

    清水優子さん、さいとうさ
    コメントありがとうございます。

    >>
    そうですね。
    ホントにいい刺激になりました!

    >>
    ありがとうございます。

    自分はまだまだの人間なので、
    いろんな方やモノから刺激を受けて、
    成長していきたいな、と思います
    歳を重ねたときの財産になっているといいな…と。
  • さくら 
    1/31 01:06

    初めまして!!
    私もわが町観に行かせていただきました
    観れば観るほど愛着がわいてきて結果4回観に行きました。
    あの雰囲気も素敵だったし最後は切ないけれどなぜか心はほっこりして。

    再演があったら嬉しいです

    お父様にもお疲れ様でしたとお伝え下さい。
    テレビで見るまんまのお父様にひそかに感動してました(笑)
  • 小堺翔太 
    2/1 02:31

    さくらさん
    コメントありがとうございます。

    >>
    僕が言うのも、おかしいんですけど(苦笑)
    ありがとうございます!
    4回も見に行かれたんですね!!
    うらやましい…。

    確かに、悲しくもあり、
    ちょっと、心に引っかかる部分も残しつつ…。
    舞台の空間も含めて、素敵なお芝居でした。
    また、見てみたいです。

    お心遣い、ありがとうございます
    父にも伝えておきますね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)