京成杯&日経新春杯

今週は、いろいろとバタバタ。
というよりも、自分の効率が悪いだけなんですが…。
ブログの更新もちょっと中途半端。
写真だけ先に更新したものは、
後でいろいろ、加筆したいと思います!



では、今日の競馬です。
京都競馬も無事に開催ができそうで、何よりでした。


〜日経新春杯〜
お兄ちゃんのフォゲッタブルも秋口に成長して、
有馬記念で4着→年明け初戦で重賞勝ちをしたように、
今年に入ってからの更なる成長が期待される【8】ルーラーシップ。
有馬記念では、出遅れてしまい、道中で外を上がっていくロス。
最後伸びなかったのは、その分の差もあったでしょうか。

調教の動きを見ても、ものすごい気合のりで、
角居厩舎独特の1コーナー過ぎまでしっかり追われる稽古を消化。
ライバルの臨戦態勢と比べても、順調に来れたのも強みです。
(ロースキングダム、少しお腹がポコっとしているような?)

スローペースになりそうな面々。
前の方にいて、上がりもしっかりしている分、
最後は、この微妙なハンデの差も活きてきそうな気がします。

ということで・・・

◎ ルーラーシップ
○ ローズキングダム
▲ コスモヘレノス
△ ゲシュタルト・ビートブラック
★ ナムラクレセント

とまとめてみました。
【2】ナムラクレセント、稽古で止まってしまったそうですね(笑)
それでも、京都コースでG菊着が2回、
カンパニーが勝った毎日王冠でも「おっ」と思わせるレースをしてました。
大駆けがあるとすれば、この馬かなぁと思います。応援の複勝をこっそり(笑)


〜京成杯〜
デビュー戦は、放馬した後のレースを勝ち、場内を沸かせた【2】フェイトフルウォー。
その後、東スポ杯でも3着して、前回のホープフルステークス。
パドックでは、ここまでの2戦と違い、立ち上がることもなく落ち着いた周回。
レースでは、4コーナーと直線でモタモタするところがあったものの、
ゴール前はしっかりと伸びて、3着まで追い込んできました。

ベストは東京なのかもしれませんが、中山も2回目。
真面目に走れば突き抜けることも可能だし、前からでもレースはできる馬。
ステイゴールド産駒の個性派、クラシックに乗ってほしいなぁ…。

ということで・・・

◎ フェイトフルウォー
○ ジャービス
▲ スマートロビン
△ ヌーベルバーグ・コウヨウレジェンド・インナージョイ

とまとめます。

先日、サンケイスポーツの記事をネットで見ていたら、
今日出走する【9】ジャービスが、
同じ山本オーナーで先日引退した“タイガーマスク”の役割を引き継ぐ
という記事がありました。
走ることで稼いだ「ファイトマネー」を都内の施設に寄付してきた、タイガーマスク
その役目を引き継ぐ“ジャービス”とは「あしながおじさん」に出てくる登場人物の名前なんだそう。
素質の高そうな馬で、これから大きな仕事も果たしてくれそうな馬。
今日の走りも含めて、注目です。

外に飛び出しましたが、寒いっ(苦笑)