有馬記念・ヴィクトワールピサ

  • 小堺翔太 公式ブログ/有馬記念・ヴィクトワールピサ 画像1
有馬記念、
優勝は、ヴィクトワールピサでした!

パドックで写真が撮れず、
遠巻きに見た、馬服の写真だけですが。



弥生賞、皐月賞とこの馬を見ていて、
ジャパンカップで久々に見たときに
なんだか、貫禄がついたというか、
馬がドシっとしたというか、
なんか、うまく言えないんですが、
そんな風に感じました。
今日見ても、堂々と歩いていて、
いろいろな経験が、馬を強くしたのかなと。


でも、ジャパンカップが終わった後に
騎乗していたギュイヨン騎手が、
距離が長いかもとコメントしたのが
どうしても引っかかっていて、
勝手に“中距離までの馬”と思い、
今日は、軽く見てしまってました。


スローを見越し、
向正面で上げていったデムーロ騎手、
坂下で先頭に立ち、
ラストまでしのぎ切ったヴィクトワールピサ、
どちらも、お見事でした!
そして、恐れ入りました(笑)


判定が出た瞬間。
歓喜に沸く人、涙を流す人、
皆と喜びを分かち合う人…
その喜びのすぐ後ろで
静かに引き上げるブエナビスタの姿。
わずか2センチの明暗。
勝負の厳しさを感じた瞬間でした。


表彰式で、
関係者の皆さんのバンザイが響く中、
ヴィクトワールピサに何度もキスをするデムーロさん。
それに対して、
ちょっと嫌がる素振りのヴィクトワール(苦笑)
そこに初めて子供っぽい表情を見たような…。


この馬もまだ3歳。
来年は、また海外に行くプランもあるそうです。
ブエナとの再戦が、ドバイなんじゃないかという話も。
今日の2センチが、縮まるのか広がるのか、
楽しみにその時を待ちたいと思います。